パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

金曜に手術は受けるな? 致死率に大きな違いあり」記事へのコメント

  • 統計に疑問 (スコア:2, 興味深い)

    by Anonymous Coward

    月曜日に手術を受けた場合を基準とした死亡リスク

    月曜日 1.00倍 (手術実施75万9,969人)
    火曜日 1.07倍(85万2,438人)
    水曜日 1.15倍(83万6,623人)
    木曜日 1.21倍(82万8,252人)
    金曜日 1.44倍(66万9,184人)
    土曜・日曜日 1.82倍(18万6,880人)

    極端な手術数の偏りは、平日(特に週の前半)は比較的安定した状態の患者の予定手術が主で、
    土日に手術した患者は「その日に手術しないと危ない」救急搬送などによる緊急手術だったことを示唆する。
    つまり、そもそも『週末に手術しなければならないような患者』は他の曜日に手術を受ける患者と比較して『瀕死』の状態だ。

    金曜日が火~木と比較して若干手術数が減っているのも、タレコミ最後の

    >週末の場合術後に容態が悪化してスタッフが

    • by Anonymous Coward on 2013年06月04日 14時09分 (#2394186)

      >月・火・水の死亡リスクが有意な差なのかはわからない。

      もともと月曜の死亡率が(27582/759969)*100=3.63%と低く、これの1.2倍(木曜日)でもそんなに差があるとは思えません。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        2割増とかくと差があるようにも思えてしまう。

      • by Anonymous Coward

        月曜手術の30日後生存率97.4%に対して日曜は93.4%って書くと、
        たいした差は無いよねって印象もますます増えるような。

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

処理中...