パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ANA、基幹システム開発でNTTデータと成果報酬型の契約を結ぶ」記事へのコメント

  • ちゃう。
    両者が前から良好な関係であることと、
    NTTデータがITとしては超大手で多少の損失は屁でもないからできること。
    発注企業の業績が悪ければ収入が減る契約なんかしたら、
    IT企業の多くがちょっとした不景気でさっくり潰れる。

    成果物の効果の評価はすればいい。
    しかしそれを報酬連動にすれば、発注側が怠けてもIT企業側が必死に働いていいものができると思ったら大間違いだ。

    • by Anonymous Coward on 2013年07月07日 14時48分 (#2416723)

      個人的経験則ですけど、

      ・ANA:ユーザ企業、IT マネジメントに弱い。テスト期間は取るけど、いつの間にか本稼動になっていて、仕様とか追加とか曖昧。
      ・データ:SI 企業、納期、要求に厳しいけど、仕様について知っている人はいつの間にか他部署、もしくはプロパーじゃない。

      こういう状況で長期の取引を成立させるにあたって、企業同士の妥協点が従量課金だったのではないでしょうかね。
      ANA の腰が重いとは言いませんけれども、数億単位の稟議が透る頃には、新しいソリューションが出てる、なんてのはザラですし。
      箱物の機械を買うより、サービスを売れ、といういみであれば、正常な進化だとおもいますよ(特にANA にとっては有益かと。

      # 販社なのでAC

      親コメント

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

処理中...