パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

飲食店や小売店での「悪ふざけ」を撮影してTwitterで公開する事件が多発、損害賠償の可能性も」記事へのコメント

  • 食に関することに神経質になるのはよくわかります。犯罪自慢も、つまんない上に不愉快でしかない。

    しかし、YouTube に Ellen's Dance Dare という、店の中で品物を見てる客の後ろで踊るという動画がいくつかありますが、あれはどうですか。

    1) 客が嫌がるし営業妨害だ 絶対、ダメ
    2) 嫌がる人もいるだろうが、それ以上に面白いというメリットがあるので、動画の質によりけり
    3) 彼らの勇気は素晴らしい 仮につまんない動画でも、挑戦した結果の失敗なら許されるべきだ

    ぼくは (2) です。あんまり神経質になりすぎて、あれもダメ、これもダメ、というのでは、息苦しい。面白い YouTube 動画クリエイターの出現が待たれるときに、バッシングばかりが目立つのもよくないと思ってます。イタズラ系動画の投稿には慎重になってほしいと思いますが、程度問題、少しは寛容になったほうが楽しい。

    • >店の中で品物を見てる客の後ろで踊るという動画がいくつかありますが、あれはどうですか。

      公開するにあたって関係者全員の許可が取れていれば、とりあえず公開することに関しては良いのではないかと。
      (誰にとってかともかく)面白いか面白くないかは別の問題で。「やってる方は面白いと思ってるけど見てる方はそうではない」のが一連の流れで共通してることですし。
      面白い面白くないで基準を決めると、恣意的運用の表現規制が出来上がりますな。

      「少しは寛容になったほうが楽しい」がアリなら、「寛容になるよりもモニタの向こう側からフルパワーでぶったたくほうが楽しい」もアリになりそうだなぁ。

      個人的には、「悪いことをしたら相応の報いがある」という運用に現実が追いついていないのでそこをなんとかすればみんな少しは寛容側にシフト出来るんじゃないかなとは思ってる。
      親コメント

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

処理中...