パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

NASA、宇宙で自給自足するための宇宙農場プロジェクト」記事へのコメント

  • >国際宇宙ステーション(ISS)に食物を送るためには1ポンド(約450g)当たりおよそ10,000ドルの費用が必要になるという

    地上の常識で考えた場合の、種の状態で持っていった方が効率的、とはまたちょっと違っていておもしろそう。

    レタスが何もないところから質量を生み出すわけではないので、真空に種だけ持っていっても育ちようがない。育てるのに必要な有機物やらも、毎回、一緒に持っていくのであれば、その質量は必ず収穫物を超えるから意味がない。

    持って行ってある限りある資源を循環させて使う事になるので、本格的になると、持っていくべき酸素の量が減るとか、生命維持装置の要件が変わってくるとか。
    • by TarZ (28055) on 2013年09月13日 14時15分 (#2459705) 日記

      「そういえば ISSの水耕栽培装置って、何から肥料作っているんですか」

      「知らない方が幸せだと思うよ(ニヤリ)」

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        「そういえば ISSの水耕栽培装置って、何から肥料作っているんですか」

        「知らない方が幸せだと思うよ(ニヤリ)」

        宇宙野菜栽培プロジェクトでは、有機物の結晶をタマオシコガネが塊に磨き上げます。

        #
        タマオシコガネが磨き上げた結晶をナベカムリ-ゾウリムシ水槽を通して肥料に加工しているに違いない。

      • by Anonymous Coward

        肥料を◯◯◯を含む廃棄物から作るのは当然だし抵抗感はないと思うよ。

        >「知らない方が幸せだと思うよ(ニヤリ)」
        これは飲料水についていうこと。

        • by Anonymous Coward

          ISSの中じゃリサイクルは日常茶飯事ですよね

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

処理中...