パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

とある自衛隊の電磁砲と防衛技術シンポジウム2013」記事へのコメント

  • 陸自なら戦車に、海自なら護衛艦に積みそうだが、レールガンは航空機に積めるほど小型化したり、バルカンのように連射したりできるのだろうか? 航空機のエンジンでも発電できるほど諸電力化できるのだろうか?

    • by Anonymous Coward

      PDFの方には、
      「電磁砲(将来基地防空兵器)に関する調査研究」
      とあります。
      航空機だけでなく、地対空兵器も空自の管轄なんですね。
      航空基地防衛用としての調達なんでしょうか。

      • by Anonymous Coward
        > 地対空兵器も空自の管轄
        旧日本軍舐めんな。ちゃんと陸自と空自と海自で別々に開発した別々の対空ミサイル装備してるよ。
        • by Anonymous Coward

          地対空ミサイルが自衛隊に装備され始めた頃(丁度最後の有人戦闘機と謳われた、F-104(D)J 栄光の配備頃かな)、有人戦闘機任務の消滅を恐れた航空自衛隊と旧陸軍高射砲時代から当然装備すべき物と思っている陸上自衛隊の間で、地対空ミサイル配備の綱引きが行われた。
          結局、中長距離地対空ミサイルは航空自衛隊に配備され、中短距離地対空ミサイルは航空自衛隊に配備される事となり、今日に至っている。
          後には当然陸自海自空自、各々近接地対空ミサイルが装備される事になる。

          電源・レーダー他の各ユニットの体積及び質量に制限が有り、自国及び配備先の

          • by Anonymous Coward

            結局、中長距離地対空ミサイルは航空自衛隊に配備され、中短距離地対空ミサイルは航空自衛隊に配備される事となり、今日に至っている。

            どっちがどっち?

            • by Anonymous Coward on 2013年10月09日 17時24分 (#2474426)

              誤:結局、中長距離地対空ミサイルは航空自衛隊に配備され、中短距離地対空ミサイルは航空自衛隊に配備される事となり、今日に至っている。
              正:結局、中長距離地対空ミサイルは航空自衛隊に配備され、中短距離地対空ミサイルは陸上自衛隊に配備される事となり、今日に至っている。
              ご指摘有り難うございます。

              親コメント

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

処理中...