パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

消えたアイソン彗星、実は消えてない?」記事へのコメント

  • 12月4日に放送予定のNHKスペシャルは、
    タイトルを「遭遇! 巨大彗星アイソン」から
    「宇宙生中継 彗星爆発 太陽系の謎」に変更して、
    アイソン彗星に何が起こったのかに迫るとのこと。
    http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/1204/ [nhk.or.jp]

    太陽に突っ込んで崩壊というのは、彗星ではよくあることなので
    (今回は“世紀の大彗星”という前評判だったので騒ぎが大きいだけ)
    落胆して終わるのではなく、こういう番組で掘り下げてくれるのはグッジョブ。

    ジャコビニ流星群の予想が外れたのをきっかけに天文の道に進んだ
    渡部潤一国立天文台副台長という例もあることだし。

    • by Anonymous Coward

      > 太陽に突っ込んで崩壊というのは、彗星ではよくあることなので

      ここで「太陽に放り込めばいいじゃない」とか口にすると一斉に突っ込まれる [srad.jp]のに、どうして彗星はそんな簡単に突っ込めるんだろう。

      • 彗星と同じような「汚れた雪だるま」はいろんな軌道を飛び交っていて、
        その中でも太陽に近づいたり遠ざかったりするような軌道を通っている物が、
        太陽に近づいた時のみ大きな彗星として観測されるだけでは?
        #特に軌道変更して「放り込まれた」わけではなく、最初から偶然そういう軌道を通ってるだけ。

        太陽に近づく彗星も近づかない彗星(モドキ)もある。
        しかし巨大彗星として目立つのは太陽に近づくものだけであり、
        そういうのはいつ太陽の熱で四散して消え去ってもおかしくないと。

        • by tenokida (42811) on 2013年12月02日 8時43分 (#2504079) 日記

          >#特に軌道変更して「放り込まれた」わけではなく、最初から偶然そういう軌道を通ってるだけ。

          逆。長周期彗星は惑星もしくは近傍恒星などによる摂動を受けて、太陽系外縁で回っていたのが太陽に接近する軌道に変わったと考えられている。

          尾を出すような軌道で安定していたとしたら、とっくに揮発成分はなくなっている。
          #まあ再成長がないとはいえませんが。、

          今回のような放物線あるいは双曲線軌道だと太陽系外から来た可能性はありますが。

          親コメント

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...