パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

前帯状皮質への電気刺激が困難を乗り越える意思を生み出す」記事へのコメント

  • 困難を回避して、楽しようとするのがプログラマ。
    「困難を乗り越えるためのやる気」がない人間の方が向いていると思う。

    # 「こんな面倒な作業やってられるか」→やらずに済む方法を探す
    # ここから始まっているのは私だけかしらん?

    --
    notice : I ignore an anonymous contribution.
    • 「やりたいことが降って湧く」→その実装方法を編み出す タイプのプログラマもいます。
      私はこちら。
      もちろん、面倒な作業を楽してこなす事は常に考えますが、
      それはどっちかというと動機ではなく手段であって、
      それよりは「目的を叶えるモノを創造する」事自体が楽しみですね。

      #どっちがよりプログラマ向きなのかは知らないが、
      #自分はあまり職業気質でないとは自覚している。

      親コメント
    • おっと、困難を回避するチャンスが発生した!
      俄然やる気が出てきたぜ!!

      人は答えが想像出来る問題には答えずにいられないみたいだから、試練を乗り越えた自分を想像させてるだけなのかもね
      親コメント
    • by Anonymous Coward

      「こんな面倒な作業やってられるか」→その作業をする面倒なスクリプトを書く

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

処理中...