パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ピストンエンジンよりも小型高効率な「円弧動エンジン」、日本ソフトウエアアプローチが考案」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2013年12月11日 17時22分 (#2510333)

    こんな複雑なエンジンを新しく作るくらいなら、今ある水平対向エンジンを改良すればいいじゃないか........
    アイデアとしては面白いけれど、今までのピストンエンジンの技術的蓄積を捨てて一から開発やりなおすほどのメリットがあるかどうかが問題
    かつては「夢のエンジン」と言われたロータリーエンジンの今のありさまを教訓としてほしいものだな

    • by Anonymous Coward

      確かに、ロータリーエンジンでの問題点と、ロータリーエンジンとの得失を比較すれば、無謀なことがすぐにわかるだろうになあ。

    • by Anonymous Coward

      なんで新しい方式始めるのに過去の蓄積を捨てる必要があるんだよw

      • by Anonymous Coward on 2013年12月12日 5時57分 (#2510704)

        実用的なエンジンを作るには潤滑だとか冷却だとか燃焼効率改善だとかやらなければいけない仕事がたくさんあってね
        ロータリーエンジンはピストンエンジンとの違いが大きすぎて従来のピストンエンジンでつちかわれた技術の蓄積が役に立たなかったのよ
        というわけで実用化のための様々な技術開発をゼロベースからやり遂げたマツダは大したものだけど逆に言えばロータリーエンジン作れるのはマツダだけになってしまったわけでして(他にもロータリーやったところはあるが結局みんな手を引いてしまった)
        結局オイルショック以降の燃費向上のための開発もマツダ一社でやらなければならなくなってプレーヤーの数が多くてそれだけ開発スピードの速かったピストンエンジンには勝てなかったのよ
        いくら小型高出力高性能だろうとマウント方法が違ってエンジン外販ビジネスも出来ないロータリーエンジンは今となっては薄幸のエンジンとしか言いようがないのさ
        というわけで過去の経験が役に立たない新しいものを実用化するのはなかなか難しいという話なの

        親コメント

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

処理中...