パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

自動小銃AK47の設計者、ミハイル・カラシニコフ氏死去」記事へのコメント

  • 大戦中、前線で負傷したカラシニコフは多くの仲間と共にトラックに乗せられて後方に向かっていた。
    途中、軽傷だったカラシニコフは民家に水をもらいに行った。
    トラックに帰ってみると、新式銃をもった一人のドイツ兵にみんな殺されていた。
    傷が回復したカラシニコフが作った銃は最も多くの人命を奪う事になる。
    人類が二足歩行を初め、自由になった手で、木の枝や石を握りしめて以来繰り返されてきた風景だ。

    • by Anonymous Coward on 2013年12月24日 12時42分 (#2516863)

      >カラシニコフが作った銃は最も多くの人命を奪う事になる。

      それは同時に最も多くの人命を救った証左でもある。

      #というより、カラシニコフを殺し損ねた新式銃が一番人命を奪った銃じゃないかい?

      親コメント

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

処理中...