パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

霧に映像を投影する3Dディスプレイ、タッチ操作も可能」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    3D?

    • CNN の記事によれば、

      His solution? Projecting 3D images onto sheets of mist, giving the illusion of a hologram: …. With Displair, users need not wear special glasses as with many other new screen systems because the image is being displayed onto an invisible screen; ….

      てきとう和訳:

      彼 (訳注: Max Kamanin 氏) の出した答えは? 3 次元映像を霧でできた複数の層に投影することでホログラムのような見た目を与えるのだ。 … Displair では映像が見えないスクリーンに表示されるので、他の多くのスクリーンシステムのように特殊な眼鏡をかける必要がない。

      だそうで、それなら 3D ディスプレイと呼ぶので正しいけれど、僕は記者の理解が怪しいような気がする。

      動画の方には 3 次元映像だという説明がいっさいなかったと思うし、記事の先頭の 6 個の画像が切り替えで表示される部分を見ても「3 次元映像」「3 次元投影」という言葉が出てくるのは 3 番目の画像のキャプションだけで、そのキャプションは

      3-dimensional projections are created using infrared sensors.

      てきとう和訳:

      赤外線センサーによって 3 次元投影が作られる。

      という、映像を映す側とモーションセンサーの側とを混同したような説明になっている。

      親コメント

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

処理中...