パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Panasonicロゴが入っていないエネループは米国で買える」記事へのコメント

  • エネループは、容量を減らしてでも使いやすさを重視したという点は、まさに革新的だったが、売り方が気持ち悪かった。
    まるで、まったく新しい電池のような売り方だった。
    よーく確かめて、改良したニッケル水素電池だということがわかって、「なーんだ」と思ったきり、一度も買ってない。

    ソニーのニッケル水素電池は、なんか知らないけど、しばらく使ってるうちに、タイマーでも入っていたかのように軒並みコロッと死んだ(充電できなくなった)ので、二度と買わないことにしている。

    パナソニックのニッケル水素電池は、エネループ登場前からずっと使っていて、いまも使っている。機能面でも、エネループが出てすぐ後追いをしたので、不満はない。

    各社のニッケル水素電池について、信頼できる商品テストの結果、どこかにないかな。

    • by Anonymous Coward

      パナの「エネループが出てすぐ後追いをした」のは、通称「緑パナ」のだと思いますが、同時期のeneloopと比べてもはっきり劣ると感じられた(デジカメなど電子機器に使った場合の持ちや、電池自体の寿命)。
      出始めのeneloopは、まだデジカメでつかっていますが、緑パナはとっくの昔にラジオやLEDライトでしか使えなくなった。そういうわけで、私はそれ以来パナのNiMH電池は買っていません。

      • by Anonymous Coward

        そうそう。緑パナは内部抵抗が大きくなって充電器にはじかれるようになったが、初期エネループはまだ普通に使えている。
        使い方にもよるだろうけど。

        ちなみに内部抵抗が大きくなって充電できない電池を充電する裏技?がある。ドライヤーで温めると、充電できるようになる。これすらできなくなってくるとゴミ箱行き。

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

処理中...