パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

風力を活用する「ハイブリッド帆船」開発計画が進む」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    オイルショック時代に良くあった話の焼き直しでは?

    • by Anonymous Coward on 2014年01月29日 14時33分 (#2535635)

      セイルやマストに軽量、コンパクト、強靱な最先端の素材技術を活用し、
      従来より船のスペースを犠牲にせずに実現できるようになりました。

      …と考えると途端にイマドキの技術っぽく聞こえませんか。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        セイルやマストは船体の外側なので、
        スペース云々だと、バラストが問題になるでしょう。

        あ、
        劣化ウランとか使えば良くね?

        • by Anonymous Coward

          セイルはともかくマストは推進力をもろに受けるので船体構造にがっちり組み込まないとマズそうですが…。

          • by Anonymous Coward

            セイルやマストが軽量化されれば、必要なバラストタンクも小さくできるんじゃないですかね。
            マストの基部は船体にガッチリと組み込む必要がありそうですが、四方からケーブルで引っ張れば、マスト基部の構造も簡略化できそうな気がします。
            ケーブルがいっぱい張りめぐらしてあると、見た目が悪いとかクレーンを使った貨物の積み下ろしに困るかもしれませんが。貨物の積み下ろしに必要な空間が相対的に少なくてもよいタンカーとか自動車運搬船などなら実用的な気もします。

        • by Anonymous Coward

          うん分かった、その船の保守作業は君に任せるよ。
          バラストタンクの密閉状態の確認、くれぐれもよろしくね。

          • by Anonymous Coward

            劣化ウランというのは、ウランが劣化して放射能バリバリとかいう意味ではなくて、放射性の非常に低いウラン238がほとんどを占める物質ですよ。密閉されようがなんだろうが、たいした影響ないがな。そんなモン気にするんなら、自分の体の中にあるカリウム40を全部捨てなさいよ

            • by digoh (17917) on 2014年01月30日 17時13分 (#2536424) 日記

              放射能とは別に、重金属としての毒性も話に出たりしますね。
              それはそれとして、適当にググると航空機やヨットのバラストとして実際に利用された例も色々あるようで。

              親コメント
            • by Anonymous Coward

              石綿だって舞い散らなきゃ安全ですよ。
              ウラン鉱山の残渣なんかは放射能レベルが低いから放置されてることが多いけど、結構裁判沙汰になってますよね。
              日本だと人形峠とか。
              モンゴルでは絶賛係争中だし。
              内モンゴルだと中国当局が抑えこみにやっきだし。
              北朝鮮は情報が完全にブロックされたし。
              バラストにつかうぐらいならなんの問題もないけど。
              ただ、廃船後中国やインドに売却されたりするからなあ。
              その後どうなるか心配。
              砲弾にしてぶっ放すのは論外だと思うけど。

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...