パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

水産総合研究センターがウナギの新しい養殖技術を開発」記事へのコメント

  • 参考文献によれば
    >約2万8千尾のウナギふ化仔魚を収容し、飼育を開始しました。その結果、この仔魚が順調に成育し、
    >同年12 月9 日に184 日齢で最初の1尾が無事にウナギ仔魚からシラスウナギに変態しました。
    >その後も同年12 月25 日時点で200 日齢となる約900 尾のウナギ仔魚を飼育中であり、平成26年1月26日には
    >シラスウナギへの変態尾数は17 尾となり、残りの仔魚も成長を続けています

    とあるから、約2万8千尾のウナギふ化仔魚から、取りあえず17尾がシラスウナギになり、900尾がシラスウナギになるべく
    成長中というのが正しいのでは。

    仮に900
    • 全く別の要因であるとしつつ、自然界でも 2万個の卵が2万匹のウナギになるわけじゃないんだから、なかなかの生存率なのかも・・と思ったり。
      自然界では 卵から成魚までの生存率はどれくらいかしら?というのが興味あるところ。
      • by Anonymous Coward on 2014年02月14日 18時17分 (#2545499)

        メスは700万~800万個卵を産み、
        生殖活動をすると寿命が尽きるそうなので、
        種族の維持のためには、最低でもオスとメス二匹が成魚になって卵を産まなければいけない。
        ということは、生存確率は少なくとも、
                  2/(700万~800万)
        よりも大きい。

        親コメント

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

処理中...