パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

理研と産総研、「特定国立研究開発法人」に指定へ。高い報酬で優れた研究者確保を狙う」記事へのコメント

  • ほとんど税金で持っていかれるからね。
    高い直接税で取られた後に更に高い間接税で取られて
    シンガポールに行ったほうがマシでしょ。

    • by Anonymous Coward on 2014年03月06日 15時02分 (#2557451)

      税金に文句を言うくせに、どうせ選挙に行かないか、行っても自民党にしか投票しないんでしょう?

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        知識人・資産家に対して、全財産剥奪・強制労働収容所送り・人民裁判死刑をやらかした共産党一党独裁政権よりは、なんぼか増しです。
        自民党は税金は掛けても、殺したりはしていませんし、国籍離脱の自由も妨げやしませんから。

        • by Anonymous Coward on 2014年03月06日 18時58分 (#2557676)

          別の国の共産党と、日本共産党(そんな力は持っていないし、そんなことをやろうとしたら一発で支持層が離れる。笑)を一緒にされても…。
          って言うか、日本で一番そういうことをやらかしそうなのが自民党(の主に右派)であるという見方もあるので一概には言えなさそうですよ。

          # まぁ、心の拠り所とするところが違うのは分かりますがね。
          # でも「国民ファースト」ではなく「国家ファースト」であるという面は一緒でしょ。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            昔は、共産党一党独裁体制を暴力で実現しようとしていた人たちがいたんですよ。
            ごく一部だけど。
            そういう人の多くは、後に転向して保守主義者になりました。
            中には大新聞(ものすごく右)の社長や田中角栄の秘書になるものもいました。
            その一方で社会民主主義的な考えをもってるけど、家の都合で保守政党から出馬しないといけない人もいました。
            冷戦期CIAの影響力でこうした人々をひとまとめにしたのが自民党。
            小選挙区制で党執行部の影響力が共産党以上に大きくなってしまったので、まったくそっち系の政党みたいに見えるようになっちゃったけど。
            古株の保守政治家に福島瑞穂びいきが多かったりするけど、変なバイアスが無かったらああいう人がもっと政界で活躍してたかもしれないな。

        • by Anonymous Coward

          変な言い分だなあ。
          自民党は、国家総動員法を作った政党の末裔じゃん。日本国民が戦争で死ぬ原因を作った点で、日本共産党よりもはるかに多く同胞の血を流した政党だよ。

          • by Anonymous Coward

            最終的には軍や時代の空気に押されて最終的に賛成に回らざるを得なかったけど、元々民政党や政友会(後の自民党)は国家総動員法に反対していたよ。
            軍と協力して国家総動員法を強力に推進していたのは、社会大衆党(後の日本社会党や民主党)。
            政友会の議員が軍部の介入や自由の制限を忌諱した腹切り問答にもあるように、当時の保守系は軍と仲が悪かった。

            国の経済を統制する法律なんで、保守系には受けが悪いのは当然。社会主義政党の方がイデオロギー的にあってるし。
            そのうち、そんなことを言ってられない状況になったけどね。

            日本共産党は当時は非合法だね。

          • by Anonymous Coward

            じゃあどうして日本共産党は日本を非武装化して、世界史上最大の大量虐殺者中共(どうしてIMEの辞書に無いのだろう)や、次席の旧ソ連に占領させ易くしようとする(した)のだろう。
            自党が直接手を汚さなければ構わないのか、それとも金朝北朝鮮みたく衛星国として、チベットみたく自治領として統治を任せられる(その時には大量虐殺を止める者はいない)約束でも有るのかねぇ、表向きの路線対立はカモフラージュで。

人生unstable -- あるハッカー

処理中...