パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

STAP細胞の非実在について#4」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2014年03月08日 17時25分 (#2558999)

    ES細胞だとキメラを作成した時に胎盤になれないけど、stap細胞だと胎盤にもなれたことに関しては、どのような意見をお持ちでしょうか?

    • by Anonymous Coward

      光ったのは胎盤に入り込んだ血管、という指摘が出ています。

    • by Anonymous Coward

      Tgで胎盤光らせるのなんか簡単ですよ。それと組み合わせたんじゃないかな。
      その辺は胎盤組織を調べたら分かると思うけど、マウスもういなさそう…

      • by Anonymous Coward

        にこにこで西川さんが胎盤になるES細胞をNIW○さん持ってると明言してました。確認すればわかること。そのESを外から一人援護射撃をしてくれている正直な研究者に渡してキメラマウス作らせた事件でしょ。コントロールとしてESは絶えず隣にあるわけだし。Kahoさんの告発をみて、合点がいった。論文に書いてあるコントロールのES細胞をNatureの調査団に提供できるかどうか。プロトコールの著者3名「何らかの秘密」を共有していて、必死に防御している状態。西川さんは、投稿前のNature論文を読んでいる人(アクノレッジに書いてある)だからね。彼にも責任の一端はある。

    • by Anonymous Coward

      胎盤の一部はES細胞からでもできます。卵黄のうも。むしろコントロールとして論文で提示されているESが、『胎盤方向にいきにくいES』が使われてる可能性が。本来的には、栄養外胚葉細胞のマーカーと移植細胞のマーカーが共在することが明示されれば、『普通はいかないとこにSTAPはいく』といえるけど、そういうデータははっきりと提示されてない。

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

処理中...