パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

2015年度の米国科学予算、科学計算関連は大幅に増加。核融合や天文分野は減少に」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    原発がセンチュリーの技術なら、核融合はミレニアムの技術
    #百年たっても安全にはならないし、千年たっても実用化は出来ない

    • 核融合がITERもできるし少しずつ近づいている。1000年できないは根拠がない。
      GDPと平均寿命には強い相関がある。
      http://worldbalance.blogspot.jp/2008/11/gdp.html [blogspot.jp]
      経済効果やエネルギーの安定供給を考えれば、電力は原子力でまかなうことがが一番安全である。

      • by Anonymous Coward

         ウクライナからベラルーシへ

         その①ではウクライナの人口減少の実情を見てきた。単に人口が激減しているというだけでなく、「生児出生」(その年生まれた全ての出産数)、「死亡」、「自然変化」(移民や移住など社会的変動要素を含まない)、「粗出生率」(その年の出生をその年年央の総人口で割ったもの。単位は1000人当たり)、「粗死亡率」(その年の死亡をその年年央の総人口で割ったもの。単位は1000人当たり)、「出生率」(年間出生数を、15歳から45歳の-つまり出産年齢の女性の総人口で割った数。 単位は該当女性1000人当たり)のすべて

        • by Anonymous Coward

          それ単にソ連崩壊で経済が悪くなっただけちゃうの

          • by Anonymous Coward

            実際には地域的な死亡率はチェルノブイリ原発を中心に、ほぼ同心円状に東側よりに広く分布し、チェルノブイリに近づくにしたがって、大きくなっている。このことを全く説明していない。また、「ウクライナの人口動態」の表でも示されているとおり、問題は人口減少というよりも、出生数が激減していることなのだ。また適齢期女性(15歳から45歳)1000人当たりの出生率も激減している。

            • by Anonymous Coward on 2014年03月11日 19時07分 (#2561092)

              リンク貼ってないのは何で?

              多分、こちらからの引用ですよね。
              http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/genpatsu/ukraine1.html [inaco.co.jp]
              http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/genpatsu/ukraine2.html [inaco.co.jp]

              んで気になるのは、引用部分より前で分析してるのは
               ・死亡率や出生率のの時系列的な分析
               ・人口増減の地域的な分析
              だけみたいなのに、引用部分で突然、
               ・死亡率の地域的な分布
              を断言していることです。

              どうも、「人口減少」と「死亡率」を書き間違えたか、あるいは意図的に混同して書いているようにさえ見えます。
              もし「人口減少の盆地」を指しているのであれば、原発近くの人が避難したということで説明がつきます。一方もし死亡率だとすると、何かしら事故の後遺症が疑われますので、この違いは非常に重要です。

              まあ私の見落としかもしれないので、まずは「死亡率が」同心円状だという根拠がどこに載っているか、示してもらえないでしょうか?

              # むしとベラルーシの人口減少が、チェルノブイリ近くに集中してないという図の方が興味深い。避難してないのか?

              親コメント

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

処理中...