パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

STAP細胞の非実在について#5」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    STAP細胞は本当に存在するかもしれない。
    論文撤回せず、誰かが独自にSTAP細胞を発見した場合、再評価されるかもしれん。

    バカンティ教授は、ミスがあったと言っているだけ。ここの援護射撃が大きい。

    この系統の話は、専門的すぎるから政治力のある方に付いていた方が絶対に得。政治力で勝る方が反対派を粛清して丸く収めるという筋書きが
    一番あり得る話。博士論文も、重大な問題はあったが取消には至らないとして、収める方向で動くだろう。ネイチャーの方は、継続審議ということで
    風化するまで待つ。政府側は、大した問題だとは思っていない。

    本人たちが捏造を認めなければ、それで終わるはずだ。政治力を舐めてはいけない。

    • 論文撤回を検討という理研のサイトにもありましたが、『論文の信頼性、研究倫理の観点』にもとる行為をした研究者と、論文を政治力云々は笑止千万です。あきれます。

      • by Anonymous Coward

        STAP細胞発見という部分が問題視されたというより、部分的な引用無しコピペが問題視され、本論と関係ない部分での画像流用が問題視されただけです。
        あとは、政治力の問題です。理研側としては、責任を問うより丸く収めたい思惑が強い。
        故意の捏造ではなく、ずさんな部分がありました、すみませんという形で収束させようとするはずです。小保方さんも、理研で飼い殺しのようになるのでは?
        他の共著者のうち、笹井さんは当然生き残ります。

        ハーバードでは、共著者になってるだけなので、バカンティは簡単に逃げ切るでしょう。
        専門的部分は、一切考慮されません。

        今回反旗を翻した人が冷や飯を食わされるかもしれません。共著者が多いということは、抵抗も強いと言う事なのです。

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...