パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Amazonに対し「書籍の10%ポイント還元」中止を訴えていた出版社ら、Amazonへの出荷停止へ」記事へのコメント

  • 公取委仕事しろ (スコア:0, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward

    そもそもこの件は、公正取引委員会が動くべき話。

    公取委が再販売価格維持制度を認めるなら、それを無視するような行為は、Amazonはもちろんだが、日販やトーハンなど取次(仲卸)に是正させなければならないし、
    公取委は時代が変わったから再販制度はもはや古く、廃止したいと言う意図があるなら、公取委として意見をまとめて、再販価格維持制度の廃止を求めてきちんと行動を起こすべきだ。

    今のままじゃ法律をきちんと守っているところが損をするという状態。
    違法行為を容認することでなし崩しで制度を形骸化させるなどと言うのは、公的機関がやっていいことじゃない。
    公取委仕事しろ

    • Re: (スコア:0, 参考になる)

      by Anonymous Coward

      再販制度は小売り業者に定価販売を義務付けるものではありません。合法な値引き販売でなぜ公正取引委員会が動くべきと考えているかを教えて下さい。

      • by Anonymous Coward on 2014年04月18日 20時18分 (#2584878)

        公正取引委員会は関連する法規今回の件に関連する2つの法規、
        独占禁止法とともに、下請法も管轄しているから。

        親コメント
        • Re: (スコア:0, フレームのもと)

          by Anonymous Coward

          すみません、元のソースのどこにも下請けなんて言葉はありませんでしたが、
          どういうつながりで下請法が出てきたのでしょうか?

          出版社がAmazonの下請けで出版してるのでしょうか?

          優位な立場を使って仕入れ価格の値引きを迫る、
          なんての行為があったとしても、それは独占禁止法の範疇だと思うのですが…

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

処理中...