パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Amazonに対し「書籍の10%ポイント還元」中止を訴えていた出版社ら、Amazonへの出荷停止へ」記事へのコメント

  • 発想の転換 (スコア:0, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward

    > このままでは定価販売を守る街の書店が消えてしまう
    じゃあ街の書店も定価販売止めれば良いという事ですね。

    • by Anonymous Coward

      街の書店が消えることを問題にしているのなら 定価販売をやめるというのは問題外でしょう
      街の本屋さんにAmazonと価格で勝負しろと?
      (街の本屋さんが必要なのかどうかはわからにあ

      • by Anonymous Coward

        別ツリーにもありますが、街の書店なんてAmazon上陸以前からバタバタ潰れてますけどね。
        自宅近辺は大手チェーン以外の書店は10年以上前に消滅しました。雑誌はコンビニで買う人も多いでしょう。

        もう再販制以前の問題で街の書店って形態が今の時代にあってないのでとっとと転換してほしい。

        • by Anonymous Coward

          > 街の書店って形態が今の時代にあってないのでとっとと転換してほしい

          どローカルで申し訳ないが、芳林堂書店 [goo.gl]がセブンイレブン [e-map.ne.jp]になりまして
          ちゃくちゃくとコンビニに転換が進んでいるのだろうと思いますので心配無用でしょう。

          • by Anonymous Coward

            特異な例を挙げて「Amazon上陸以前からバタバタ潰れてます」に反論しても意味がない
            その他大勢がAmazon上陸以前からバタバタ潰れていることには変わりない

            なぜ再販制度でなければならないのか
            再販制度を続けなければならない理由は妥当なのか

            • by Anonymous Coward on 2014年04月18日 23時28分 (#2584976)

              個人商店にありがちな後継者問題から廃業している店もあるわけですし、再販制度とどこまで関連する話なのかはまた別途検討する必要がありますけどね。
              Amazonが上陸した時期以前からバタバタ潰れてるのは、書店だけに限った話ではないのです。

              親コメント

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

処理中...