パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

武雄市図書館の資料廃棄、「TSUTAYAへの配慮」?」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2014年04月28日 14時34分 (#2590148)

    利用者の要望に積極的になった現在の図書館は違法ダウンロードと同様の存在なんじゃないかしらと思わなくもない
    いやまあ合法と違法じゃ大きな違いだけどね

    市民の要望に積極的に答えるのは結構なんだが安価に気軽に購入できる一般の本を図書館で扱うよりも
    むしろ貸し出し実績がない今回捨てられたような本こそ保存しておくことが公立図書館には必要なんじゃないかと

    • by Anonymous Coward

      図書館という名前を変えるべきだね。書庫、にでも。
      アーカイブする場所として存在し、希望があれば貸し出しもするよ、というのでいいかも。
      ほんと、人気の本は個人が買うべきで、書庫側が利用者のリクエストにそって何冊も置く必要はないと思う。

      まぁ、何カ所でアーカイブしてんだよ、って意見はでるだろうけど、アーカイブされたものにどれだけ簡単にアクセス出来るか、ということを考えれば、各市にあってもおかしくはない。オンライン・電子版が主流になれば、1カ所でいいだろうし。

      • by Anonymous Coward

        日本中の公立図書館全部つぶしたら、そこの蔵書を
        電子化するだけの予算を捻出できないかな?

        • by Anonymous Coward

          住民みんなが電子版にアクセスできるわけじゃないから・・・電子書籍で読んだことがある人の方がまだ少ないからね。
          端末とネット回線も必要で、電子書籍のためだけなら個人には導入コストが高過ぎる。

    • by Anonymous Coward

      そう、図書館がテレビの視聴率のように貸出実績や利用率を追い求めてはダメだと思う。
      利用者のリクエストに応えるにしても、ある程度年数が経って評価の定まった物にしてくれないと。
      (多くの図書館の情報処理の棚は本当に酷い。)

    • by Anonymous Coward

      いや市立図書館は、地元市民の税金収入で運営される地元市民の財産なんで、
      中央政府の意見とかネットの意見よりも、地元市民の意見を最優先すべきでしょう。

      民主主義ですから、聴取すべきはそこの市民の意見であって、他所の市民が口出しするのは余計なお世話ではと。
      なんでも「よそと同じに」したり「お国に頼ったり」する地方自治体より、よっぽど立派だと思います。

      • by Anonymous Coward

        ウチの地元の図書館はコンテンツ産業のめぼしい商品を一通り揃えてくれないかなー
        そうすれば僅かな購入数で全市民が無料(元はといえば税金だが)でコンテンツを楽しめるぜ
        きっと地元市民は大歓迎間違いなしだ

        供給側は商売にならなくて壊滅するだろうけど

      • by Anonymous Coward

        > 民主主義ですから、聴取すべきはそこの市民の意見であって、他所の市民が口出しするのは余計なお世話ではと。

        図書館の専門性を理解していないダメ意見の典型。

        市民病院の治療方針や医療行為には「市民の意見」だとか「民主主義」だとかを持ち出す前に「医師・看護師」という専門家の意見・方針が優先されるし、その是非を検討する場合も医療・医学の教育と知見のある人間が呼ばれる。

        単純な「市民の声」では武雄市のように反知性主義の市長が跋扈することで取り返しにつかない大失敗を引き起こす。

        • by Anonymous Coward

          カネは出さないが口は出させろ、という意見の典型。

          そういう施設が必要なのはそうかもしれませんが、ならば必要と思う人がチャリティ献金して運営すればいいのでは。
          地元5万人の納税者から巻き上げた税金で、そういう利用率の低い施設を運営することを、地元市民5万人が望んでいるかどうかは別問題ではと。

          • by Anonymous Coward

            例えば著作権の扱い一つとっても、「図書館」は法的に優遇された施設です。
            その優遇は、公共施設としての責務を果たすことを前提に与えられるものであって、アーカイブ機能の維持はそうした責務の一つです。
            「必要と思う人がチャリティ献金して運営すればいい」という言葉は、図書館の責務を蔑ろにしている現在の図書館モドキ施設にこそ相応しいですね。

            というか、別スレッドでも指摘があるように件の施設には国税も使われてますので、皆既に「カネを出している」のですよ。そのことは何故か見過ごされがちですが。

            • by Anonymous Coward

              そこは法治国家ですから、 ならスクリーンクォータ制のように図書館法を改正して、郷土資料を何%以上入れるよう数値目標を付けてはと。
              現行法だと、単に入っていればOK、というレベルですから、図書館法は満たしています。

              あと、国税というのは合併特例債であって、これも条項は満たしています。

              • by Anonymous Coward

                法の精神を無視して「法律違反でないから問題なし」というのは、公的機関に対する評価としては不適当だと思います。

              • by Anonymous Coward

                法は明文化されてこその法なので、明文化されていないことを読み取ろうとするのは、それは法治主義ではありませんけど。。

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

処理中...