パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

武雄市図書館の資料廃棄、「TSUTAYAへの配慮」?」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    大概の本が注文すれば翌日に届く時代、
    税金使って図書館なんて運営する必要がホントにあるのか?
    地方都市の図書館なんてどうせ大したもんじゃないんだし。
    郷土資料なんて集めたい奴が自分の金でやればいい。

    武雄市だからって叩けばいいってもんじゃないとおもうよ。

    • Re: (スコア:3, すばらしい洞察)

      武雄市のやり方については、全体的に

      図書館の自由に関する宣言
      http://www.jla.or.jp/library/gudeline/tabid/232/Default.aspx

      から逸脱していると思います。
      図書館として、広く資料を集めることもできない司書であれば、司書である必要もないです。
      であれば、公共の図書館である必要はないですし、「TSUTAYA」としてサービスを提供すればいいと思います。
      • by Anonymous Coward

        広く資料を集めた結果、溢れた資料を捨てたんじゃないのかね。

        • by momomo (37965) on 2014年04月28日 16時21分 (#2590228)
          資料の取捨選択については、図書館の良識に任せられています。
          それについて否定するものではありません。

          そもそも、図書館の機能は大きく下記2点があると思います。
           1) 資料を貸出し、一般に供すること
           2) 知識の蓄積すること
          武雄市の場合、1の機能にばかり目を囚われるあまり、2の機能がおろそかになっているのではないでしょうか?
          郷土資料等の多くは出版冊数も少なくその地域の図書館にしか存在しないため、一度廃棄すると二度と手に入れることができない恐れがあります。
          その地域の知識や記憶の断絶が起こっているともいえるでしょう。

          「ネット社会だ、どうせインターネット探せばあるさ」と思われるでしょうが、それにしても興味をもってまとめたものを、さらに統合してネットで広く公開する人がいて成り立つことであり、すべてを網羅することはできません。
          また、それをしようにも、もう元とすべき情報が失われているかもしれません。

          もし、1の機能に特化するのであれば、「武雄市図書館」ではなく、ほかの方がおっしゃっているように「TSUTAYA武雄店」とすればよいのです。
          閉架でもよい、2の機能を有する公共図書館が必要ではないでしょうか。
          親コメント
          • by Anonymous Coward

            そういう事業を求める声もありますけど、
            武雄市は人口5万人しかなく、そして書籍の保管コストや陳列コストらは、ゼロ円ではないわけで。

            それらに対して武雄市民が、田舎の一般歳入からいくらまで支出していいと考えているのか、という問いだと思う。

            • by momomo (37965) on 2014年04月28日 20時04分 (#2590379)
              今後人口が縮小していく中で、ご指摘の事は確かに他の自治体でも起こり得るでしょうし、指摘内容は考慮する価値が確かにあるように思います。

              ただ、武雄市は一般企業と提携する事でコスト削減が成功しているのであれば、
              逆に、郷土資料だけを武雄市として管理するコストを捻出することさえ難しいのでしょうか?

              問題なのは、今回指摘されているのはその提携によりいわゆる「売れ筋」だけ取り扱い、公共の図書館として保管すべき郷土資料の類を廃棄したように見える点ではないでしょうか?

              売れ筋だけ扱いたいのであれば、TSUTAYAがTSUTAYAとしてサービスを提供したらよいのではないですかというだけの事です。
              親コメント
              • by Anonymous Coward

                でも、いくらTSUTAYAに頼んだところで、民間は人口5万のド田舎に、あんな綺麗で立派なハコモノは建ててくれないんで…。

                市でやろうにも、ハコなら合併特例債で作れるけど、武雄市は公務員400人ほどで、折角合併したのに公務員をこれ以上増やしたくない。
                なのでハコの管理だけ公務員でやって、内部のオペレーションは民間企業にやらせようというアイディアなんだと思います。

                個人的には、郷土資料は県立図書館や広域連合に移行させてやったほうがよくて、人口5万人の市立図書館にそれを求めるのは酷なのではと思う。

              • by Anonymous Coward

                武雄市図書館より前からあった「TSUTAYA 武雄店」
                http://store.tsutaya.co.jp/storelocator/detail/7709.html [tsutaya.co.jp]

                「綺麗で立派」かは知らない。

              • by Anonymous Coward

                重要な点は「綺麗で立派、スタバつき」なんでしょう
                プレハブ店舗でいいなら、うちのド田舎にもありますわ

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

処理中...