パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

日本精神神経学会、精神疾患病名の新たな指針を公表」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2014年06月02日 15時44分 (#2613496)

    > 「アスペルガー症候群」や「自閉症」は「自閉スペクトラム症」に統一、などです。

    ここに関しては、今までの「自閉症スペクトラム」の概念を疾患名としての「自閉スペクトラム症」に改称する
    と同時に、「アスペルガー症候群」と「自閉症」の疾患名を廃止、ということでいいんでしょうか。

    • by Anonymous Coward

      そうですね。
      これまで「アスペルガー症候群」や「自閉症」の個々の疾患は、自閉症スペクトラムの現れ方のひとつとされてきました。
      これを、自閉症スペクトラム症として、名前もまとめてしまおうという話です。

      • 自閉症スペクトラム [wikipedia.org]
        自閉症 [wikipedia.org]
        アスペルガー症候群 [wikipedia.org]

        3つ統合して改名まで含めるのはすごく面倒なんだぞ・・・
        親コメント
        • いつの時点で症名・病名を述べているのかわからくなるのがややこしいから
          自閉スペクトラム症2014みたいに西暦をつける癖を関係者に求めたいところですね。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            年がつくと何かのリバイバル作品名みたいだなあ。

        • by Anonymous Coward

          ざっと見、自閉症スペクトラムは短いので自閉症へ統合して自閉症スペクトラムとするのが良いと思いますが、アスペルガー症候群は後半に特化した部分がありますし、自閉症の項自体が結構あるし、自閉症スペクトラム内の傾向区分としては存続すると思いますし、自閉症スペクトラム内の一領域として整理しなおす方向で存続させても良いのでは。
          #結果コンパクトにまとまればその時は統合しても良いと思いますけど。

          • by Anonymous Coward

            DSM-V的には、自力で生活できるかどうかという観点で区別すると言う方針なので、
            生きづらさがあるとはいえ、自力で生活できるアスペルガーはどちらかというと除外される方向で調整されています。
            逆に言えば、政府なりが積極的に支援をする必要があると言う基準です。
            そのため、DSM-Vでの自閉症スペクトラムの出現率は1%未満とされています。

            反面、軽度も含めると(従来の)アスペルガーの出現率は10%程度とする意見もあり、
            DSM-V制定時にも議論を呼びました。
            この領域の人たちをどのようにサポートするかは決して小さい問題ではありません。
            非コミュ呼ばわりして引きこもりになってしまうか、
            アスペルガー特有のこだわりを上手に生かして、優秀なエンジニアなんかになるか。

    • by Anonymous Coward

      高機能自閉症も忘れないでください。
      医者によっては、しっかりと区別します/されました。

      ま、区分が変わってどうと言う事もないですが。

      それより、社会の許容度が下がっているのも顕在化の一因と思います。
      お釈迦さまにとっては、孫悟空もただの猿。

    • こないだ障害年金診断書を書いてもらったら、
      病名欄に「自閉症スペクトラム(アスペルガー型)」と書かれていました。
      空気読めないのをアスペと蔑んだり、逆に頭が良い扱いされたり、単能工扱いされるパターンは減るでしょうけど。
      直感的に理解しにくい自閉症って言葉の方をどうにかして欲しかったよ。

      喋らないのは周りに合わせにくかったり、アドリブが効かなかったり話を壊すから遠慮してるだけなんだよ。

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

処理中...