パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

日本精神神経学会、精神疾患病名の新たな指針を公表」記事へのコメント

  • 本人や家族の差別感や不快感を減らすとともに、分かりやすい表現を用いて認知度を高める

    のが目的でも結局それらの新語が差別的な意味を持つようになって新しい言葉を考案しなきゃならないんでしょう?四半世紀かそこらの周期で。

    もう面倒だから全部まとめてキチガイでいいじゃん。

    # コメントタイトルはいっぺん書いてみたかったのだ。他意はあるようでない。

    • by Anonymous Coward

      昔、慢性アルコール中毒と呼んでいたのを、アルコール依存症に代えて、次はアルコール使用障害。

      色々理由はあるにしても、
      昔、ホームページを持ちませんか?、これからは、Web2.0ですよ、今は、HTML5.0なんです。
      なんて客に勧めていた業界と、案外似ているのかも。
      ひょっとして、エンドユーザのことをあんまり考えていない点も一緒なんじゃないかな。

      全部まとめて呼んじゃうと、分析と分類いう科学の第一歩を捨てることになるし、
      何より、商売上がったりじゃないかな。

      • ちょっとアルコール中毒患者に甘い気がする。
        身近に患者を見た自分としては、強制隔離してしまえと言いたくなるレベルだよ。
        親コメント
        • by Anonymous Coward

          そんなだから治らないのかもしれませんよ?

          人間の性質として、
          まわりの目がそんな状況だと、
          飲むしかなくなるというのはありますから。

          まあ同じく人間の性質として、
          身近にアルコール使用障害の患者がいたら、
          そういう目で見るようになるっていうのもありますので、
          仕方ないというのもありますけどね。

          • いや・・・仕方があるとかないとか以前に
            本当にアルコールが切れてる時がない人とか
            アルコールが切れてる時の様々な異常行動とか
            無意識的な記憶改ざんとかを目の当たりにしたら
            生活の中で対処とか本人を諭してどうのじゃなく強制隔離した方が、と言いたくなる気持ちもわきますって。
            周りの目がとか何とかいうのは慢性アルコール中毒/アルコール依存症の前段階、あるいはすごい軽い段階かと。

            親コメント

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

処理中...