パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

地球の磁場、数百年後には反転する可能性」記事へのコメント

  • 数百年後かあ…。 (スコア:3, すばらしい洞察)

    それまで影響を受けるような文明が残っていればいいんだけど。 [fepc.or.jp]
    • by Anonymous Coward

      俺もそう思った。
      30年前、小学生だった頃
      石油が後30年しかもたないと聞いたときに。

      • by Anonymous Coward
        そのグラフから7年たったけど石油の可採年数は42年から7引いて35年かと思いきや60年に増加。ものすごい勢いで石油増えてね?
        やっぱりと言えばやっぱりだけど、石油無機生成説信じることにするわ。
        • by Anonymous Coward

          えーと可採年数の定義知ってます?一度確認してみてはどうですか。

          • by Anonymous Coward
            知ってるよ。可採埋蔵量を現在の年間生産量で割るわけだけど、2007年って投機資金の流入でガンガン原油価格上がってた時期なんだよね。民主党のガソリン値下げ隊覚えてない?2008年にはピークを迎えて今より原油価格高かったくらい(最近ガソリン高いのはアベノミクスによる円安のせい)。実質的に原油価格は同程度で生産量は当時よりずっと増えてるからなぁ。君こそちゃんと統計読むべきだよ。
            • by Anonymous Coward

              えーと…定義をご存じであれば、採掘が技術的・経済的に可能かどうかが
              可採扱いする条件に含まれていることが分かると思いますが。
              技術向上して採掘コストが下がったり原油価格が上がったりすれば経済性に見合う油田は増えますね。
              すると可採埋蔵量は増え、可採年数は伸びることになりますよね。
              もちろん可採年数のほうは消費ペースにも依存しますけど。

              既存の油田から、過去の技術でも経済的に採れる原油が再び湧き出てきたために
              可採年数が伸びたというのであればあなたが正しいことになります。

              • by Anonymous Coward
                だから統計として公開されてる情報なんだからそれ丹念に読むだけだって。50年以上嘘をつき続けてきた石油枯渇論者のプロパガンダにまどわされないで。 技術的にはシェール革命ががっかりだと判明して2007年に想像してたほどには改善していない。
                原油価格はドル建てではそれほど変わっていない。
                採掘量は単調増加している。
                可採年数の増加は、基本的に新規油田の発見と政情不安定な産油国の隠し油田の分。
              • by Einman (46000) on 2014年07月20日 9時29分 (#2642634)

                資源枯渇を煽ることで価格を釣り上げるという行為がなされていることを否定する気はありません。
                で、その話のどのあたりから石油無機生成説が生成してきたんです?

                親コメント

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

処理中...