パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

文化庁文化審議会で「クラウドサービスはアップロードされた音楽ファイルを調べて補償金を払え」との議論が出る」記事へのコメント

  • 個人向けのクラウドストレージを使って海賊版コンテンツを配信するタイプのもの(いわゆるサイバーロッカー型)が最近増えているそうで、JASRACやらRIAJやらの既得権益をもつ流通業者に目の敵にされている、というのが背景にあります。

    個人向けといいつつ機能的には単なるファイルサーバですが、プライベートエリアなのでサービス提供者が監視するわけにもいかず、建前上個人相手なのでプロバイダ制限責任法とかも適用できない。
    権利者の権益拡大の口実にされないためにも、ベンダー側で海賊版ブローカーに悪用されないための対策が必要なのは間違いないでしょう。

    • あのへんは児童ポルノの温床にもなってるので、彼らがタッグ組んだら頭でっかちの巨大拡声器になりそうで怖いですね。

      // 「金払え」より「サービス止めやがれ」のほうが説得力あるけど、すでに一回やって総スカンだったんですっけ?(:>^

      • by Anonymous Coward on 2014年07月24日 21時19分 (#2645256)

        サービス業者から金取った所で児童ポルノの対策には全くならないし、海賊版配信防止の対策にもならないと思います。
        こういう問題があるというのは事実として受け止め対策考えるべきですが、疑わしいから金取るということと児童ポルノや海賊版の配信が減ることに相関が見いだせません。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          > 相関が見いだせません。
          そりゃそうでしょ。だって目的がそれじゃないんだから。
          本当にモノ自体や配信が減ったら金が入らなくなるでしょ?

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...