パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

NASAの次期火星探査ロボットには酸素生成装置が搭載される予定」記事へのコメント

  • 余った炭素の気の利いた使い道はないものか。
    • by Anonymous Coward on 2014年08月02日 11時45分 (#2649588)

      燃やして燃料にすればいいんじゃないか。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        燃やしたら酸素が減っちゃうじゃないか

      • by Anonymous Coward
        燃やすのに酸素使ったら、せっかく作ったものが消費されちゃうじゃないか!!
      • by Anonymous Coward

        燃やすのに必要な酸素も、
        その作った酸素しかないってことを忘れてる。

        燃やすためにその酸素を使ったら本末転倒だし、
        使わなきゃ酸素がないから燃えない。

        • by Anonymous Coward

          固体に加工できないのかな
          外気に晒されてる部分が全部炭素でできてる、地球だと即燃えるめっちゃ丈夫なものが作れそう
          やぐらの類とか無人車のタイヤとか

          • by Anonymous Coward

            ……石炭?
            即燃えないけど。
            #ダイヤが出来たら嬉しいだろうけど

    • by Anonymous Coward

      ロボットアームで書き初めでも

    • by Anonymous Coward

      酸素と水素をくっつけて、炭水化物が取り出せれば。

      • by Anonymous Coward

        それなら植物でええやんか

        • by Anonymous Coward

          マジな話水素はどうするんだろうね。水にだって水素は必要だし

          • by Anonymous Coward

            月や火星の地下にも水があるって説もあるから、
            水を掘り出せばどうにかなる。
            極冠にも水があると言われてるし。

            なければ・・・そもそも火星に基地作っても、何ら生産性がないように思う。

            • by Anonymous Coward

              「大量に」水があるといってもせいぜい「それまでの(ほとんどないという予測に比べたら)」という話で、人間の生活支えられるとは到底思えないんだがなあ。
              地下に眠っているうちはいいけど、取り出してしまったら水素が逃げないようにするのはけっこう大変という問題もある。

    • by Anonymous Coward

      軌道エレベータを作ろう(粉みかん

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

処理中...