パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

日本出版者協議会、電子出版に対しても再販制適用を要求」記事へのコメント

  • 書籍の価格設定に引きずられるのはしょうがないとして、タレコミ内で指摘されているとおり、電子書籍と他のデジタルコンテンツであからさまな優遇措置を執るのはあまりよろしくない。
    なので、再販制度のような「販売価格を決定する権利」はあくまでストア側にあるのが本来あるべき姿だと思う。

    ただし、印税システムがそのままでそういうことをすると非常に問題が出てくる。

    まずストア側は商品陳列のコスト(在庫リスクなど含む)や複製コストは限りなく零に近い。そういう状況で出版社著者への支払いが印税(売上に対するパーセンテージ)な契約で、さらに価格決定権をス

    • by Anonymous Coward

      私は、再販制度と価格決定権は、不可分だと思っているので、再販をしないのであれば価格決定権を権利者に付与するのは反対です。

      そもそも、商品の価値は利用者から見た効用によって定められるのが健全な社会には必要不可欠です。これは市場原理でも特に重要な部分なので、昨今の「妖怪ウォッチ」騒動を見ても分かる通り、定価を定めてしまうと社会に与える歪の影響が大きすぎます。人気があれば、小売店が自主的に価格を引き上げれば、転売騒動にはなっていません。「子供向けのおもちゃ」ということで、定価を定める暗黙の了解があって、そこに付け込まれたのです。

      つまるところ、印税率を廃止して、権利者の権利として原価を定めればよろしい。その原価からどれだけ上乗せするかは小売の権利であり、熱心に売るインセンティブです。

      • by Anonymous Coward

        今の電子書籍って既にそういう仕組じゃなかったっけ。

        詳しい仕組みは知らないけど、ストア側が定価で売ろうが一円で売ろうが、作者に入るお金は同じだから安売りがあったらじゃんじゃん買ってくれ!って話になってたような。

        • by Anonymous Coward

          でも取次に納入さえすればまだ一冊も売れていないうちから印税が入ってくる紙にはまだ負けてるんだよね。

          • by Anonymous Coward

            じゃあ、抱き合わせを認めればいいんだな。100部ダウンロードさせる権利を売る、とか。

            • by Anonymous Coward

              出版業界の単位は1000部なので、出版するだけで最低1000部の印税が入るのよ。
              1000部未満しか刷ってないとか、端数とか、売れ残りは出版社が被ってる。
              作家の収入を安定させるために多目に出版社が刷る(廃棄してでも)場合もある。
              今のダウンロード販売が主流になると作家の収入はますます不安定になるだろうね。

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...