パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

JR北海道が新型特急車両の開発を中止、速度よりもコストと安全性を重視したため」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    たぶん新幹線の事業部から在来線を高性能にするなって圧力がかかったんでしょうね

    • いいかげん「国鉄分割民営化」は失敗だったと認めたらどーだ。
      ま、ローカル線のお客って高校生しか居ないんだけどね。
      ・中坊までは徒歩か自転車
      ・高校生は鉄道で通学
      ・高校出ると車買うか都会に出ちゃう
      ・ジジババは自宅近くから出ない
      なので、しょうがないっちゃしょうがない。

      --
      **たこさん**・・・
      • 「「国鉄分割民営化」は失敗だったと認めたらどーだ」的な論調の人、他にもいますけど、
        こういう人って、100点でなければすべて失敗なんですかね。

        国鉄時代のダイヤの酷さは、当時の時刻表を見返せばすぐにわかることですし、
        事故率はこの30年で1桁のオーダーで下がっていますし、
        国鉄時代には毎年数千億の補助金を貰っても累積債務を拡大させる状況だったのが、
        今は毎年数千億円の税金を納めています。
        これだけ改善していて、失敗とみなすのは、いくらなんでも評価が厳しすぎじゃないですかね。

        JR北海道よりさらに厳しい状況にあるJR四国が今回のような問題を起こしていないことを見

        • by ReadOnly (9749) on 2014年09月13日 16時02分 (#2676280)

          > 事故率はこの30年で1桁のオーダーで下がっていますし、

          そうそう! 国鉄民営化の肝はまさにそこなんですよね。
          とあるJR社長経験者が述懐していましたけど、旧国鉄の安全軽視は本当にひどいものだったようです。
          基本、公益事業なわけですから、「巨額の赤字」だけなら分割民営化などという議論は起こらなかったでしょう。
          「カネをいくら注ぎ込んでも安全な鉄道が実現できなかった」ことが、この荒療治に取り組む決定的なモチベーションになったのだと思っています。

          # 某R○○○WARS!はそういう国鉄の暗部が全然描けていないところが物足りないですね。

          親コメント

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

処理中...