パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

本当にHDD単体よりRAID1の方が安全か」記事へのコメント

  • そもそも装置の動作保証環境を超えたところで故障率を考えたいと?

    極端な話、1日1回ラックが必ず倒れる環境とか、1日1回雷の直撃を食らう
    環境とかでβ=α×αが成り立つかなんて話をしたいと??

    RAIDメーカーの人も大変だな(藁)

    • いけね前提の記載忘れた。

      個人用の民生品を想定してます。
      バッファローとか。

      親コメント
      • だとしても、RAIDはHDDの故障率に対してのものなので

        単HDDだろうが複数HDDだろうが、電源、温度他が同じ条件になる元での比較をしないと意味ないでしょう。
        そして温度とかでやばそうなら、そうでないHDD単品/RAIDで別製品(そして別会社)を選べ、というだけであってHDD-RAID比較軸じゃないんじゃ?

        もちろん、電源事情が不安定な環境にいるので、複数HDDはそれ自体がリスクなんだ、という個別事案があってもかまわないし、わかるけど、それはやっぱりRAIDかどうかじゃないし...(JBODするだけの装置とかもあるしね)

        --
        M-FalconSky (暑いか寒い)
        親コメント
        • いろいろ後出しで申し訳ないんですが背景追記しています。

          いままでUSB-HDDを差し替えたり、ネットワーク上のpcのHDDを共有化して使っていたのを、
          前者は抜き差しが、後者はpcが起動していないといけないことが面倒なので、NASにしようっ
          て提案したのです。

          そしたら、どこぞのシステムサポートの担当者が、それなら「RAIDじゃないと意味がないですよ。
          RAIDがないなら、ただの大きなUSB-HDDと変わりません」と言ってきた。

          「いやいや変わるだろ」と思ったのはいいとして、RAID導入する意味があるのかどうかちょっと
          悩んだわけです。ちょうど家で使っている耐衝撃センサつきHDDがディスクは無事なのにセンサの
          異常で使えなくなったこともあって(ネット上で同様の報告多数)、余計な機能がついてない方が
          いいのかもなと。

          電算棟みたいなところならRAID1の恩恵はあるかなと思うんですが、
          普通に無停電電源装置もつけないし、人がいないときはエアコンも入れないような環境(通常の家庭
          レベル)ではどう思いますか?

          親コメント
          • 多少環境が劣悪になったからと言って、RAIDの効果がキャンセルされるわけではないでしょうし、そんな劣悪な環境ならなおのこと冗長性は確保しておくべきと思います。
            RAIDの恩恵がないと判断するとすれば、それは堅牢性の問題じゃなく導入コストの問題と、そのトレードオフで許容可能なダウンタイムの問題でしょう。

            UPSはあった方が良いですが、ジャーナリングが利いているファイルシステムなら影響は停電の瞬間に書き込みをしていたファイルに限定されるはずです。
            これは本当に直近のデータなので、預金のトランザクションのようにデータの消失に対して本当にシビアに考える必要がないところではそこまで大きな問題にはならないはずです。
            RAIDの場合、書き込みホール(write hole)の問題もあるのですが raidz だと対策されているので問題ありません。

            NASとRAIDの恩恵は図にすると以下のような感じで全く別の評価軸なので、NASならRAID必須というわけではありません。

                   NASあり
                   ↑
            RAIDなし-+→RAIDあり
                   |
                   NASなし

            ぶっちゃけると、初期コストをかけたくなくて、障害時に前回のバックアップから障害発生の間のデータをあきらめて良いなら、RAID はなくても困らないんです。
            ですが、それは単にあなたの所ではRAIDを入れないといけない程価値のあるデータは扱っていないと言う話であって、電算棟以外でもRAIDの恩恵があるかどうかとは全く別の話です。消失して困るデータを扱っている所では環境がどうであろうとRAIDの恩恵は確実にあります。

            --
            uxi
            親コメント
        • by Anonymous Coward

          HDDが別会社のものでも、使っている部品は同一メーカだったりするんですよねぇ。
          気がついたら縮退モードで動作していて、慌てて同クラスのHDDを探しているうちにもう一台も故障した経験したはあります。
          故障時の保守機能がちゃんとしていてかつ交換Diskがすみやかに供給されるっていう前提がないと、RAIDの価値って半減するんだと思います。

          • by Anonymous Coward

            交換用のディスクって元から用意しておくもんではないの?
            #そうじゃないと、しばらく片肺運転だから怖くない?

            • by Anonymous Coward

              判ってはいてもローカル用途のサーバだとなかなか予備Diskまでは予算が廻らないんですよ。
              ラインのようなデータ損失が致命的なところだと、大手を振って購入できるんですけど。
              あとは、同時期に調達したDiskだと同じ問題を抱えている場合もあるからずらしたいっていうのと、長期保管していた奴っていうのもイマイチ不安なのでズルズルと購入の機を逃していて、手持ちのものが無くなってるときを狙って壊れる。

              • 昨今は冗長性1では不十分だって風潮だと思ってたんですけど?
                予備ディスクの手配は、とりあえず手に入るもので対応できる構成にしておくのが鉄則かと。

                あと、個人的には冗長性2もちょっと不安なんですが、冗長性3はそれこそ懐事情が辛くて、バックアップで我慢と言った感じですね。

                --
                uxi
                親コメント
      • バッファローなどの民生用は、リカバリに際に高度な介入が出来ないので懸念はごもっとも。個人的にはHP macroserverにHDD四台突っ込んでRAIDカードかbtrfsでRAID10+世代バックアップ外付HDDがお勧めですが。
        親コメント

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

処理中...