パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ソニー、業務用ハーフインチテープ製品の終息を予告」記事へのコメント

  • スターウォーズのエピソード2がフィルムからHDCAM-SRのデジタルテープ収録になったことで超有名でしたね。
    HDCAMは所詮解像度がHDでしかない訳で、HD以降の4Kなりに買い替えを進めるSONYとしては英断、なのかなぁ。
    2016年3月という予算消化を見込んだ区切りで、HDCAMを必要な放送局なんかは今のうちに予算組んでくださいね、なんでしょう。

    HDの収録機器が全廃ということではなく、ある程度はより安価なディスクベースシステムのXDCAMに移行させたいんでしょうね。

    ただ過去のアーカイブテープ用途に機種を絞っても販売を継続した方がよいような気も。それは基本、修理対応なんでしょうね。「磁気テープを捨てた」と言われちゃうのは間違いないところで、仕掛けてきたなぁ、って感じです。
    • by Anonymous Coward on 2014年10月09日 17時16分 (#2691084)

      アニメ「じょしらく」の完パケがHDCAM-SRと言う事でも話題になりましたね(なってません)

      そんな事はさておき、直系の末裔であるHDCAM-SRの終了をもって、βシステムの歴史にも幕を下ろす事になりますね。
      「βはVHSには負けたけど、放送局ではその末裔が今も現役なんだよ」と言う説明が出来るのも、残り僅かになってしまいました。

      親コメント
      • by earthlight (33637) on 2014年10月09日 22時10分 (#2691281)

        「βはVHSには負けたけど、放送局ではその末裔が今も現役なんだよ」と言う説明が出来るのも、残り僅かになってしまいました。

        βの存在を知る者もわずかになってしまいましたね。今どきの子はビデオデッキの存在も知らないようです。HD-DVDとblu-rayの規格争いも遠い過去になってしまいました。次世代のディスクの規格争いが、発生するかもよく分からない状態になってきてしまいましたね。

        親コメント

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

処理中...