パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

映画やビデオゲームの暴力描写と実際の暴力発生率との関連性はないという研究結果」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2014年11月12日 16時56分 (#2709923)

    この手の話が出るたびに、暴力的なゲームが犯罪者の興味をゲームにひきつけることで犯罪率が下がるという話も上がっていたが、関連性がないということはそういう効果もほとんどないということでいいのかな。
    例えば、この/.Jの記事 [srad.jp]とか。

    ポルノが性犯罪を防いでいる理論もどうなんだろう。

    • この手の話題がでるといつもおもいます。

      ポルノが性犯罪を防いでいる理論もどうなんだろう。

      ってのは、代償行動 [google.co.jp]によって、実行すると悪事になってしまうことをしないで済ませるという話ですよね。 研究している人いないのかなぁといつも疑問に思います。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      リンク先の記事は今回の研究と矛盾しませんよね

    • by Anonymous Coward

      ここで採用されるのはナードへの攻撃であるとみなされる、例えばゲームは無罪であるという論だけで反対の物は取り上げられないのです。

      映像やゲームはそれを通じて楽しいなどの人の満足が得られるからこそ好んで作られ・消費されるのだから
      行動に影響がないと言う方が不自然です。他のエンターテイメントでは影響は普通に言われますよね。
      恐らく逆の結論の研究もあると思いますよ。

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

処理中...