パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

映画やビデオゲームの暴力描写と実際の暴力発生率との関連性はないという研究結果」記事へのコメント

  • フィクションと暴力発生率に相関がないなら、二次元のBL物児童ポルノやNL児童ポルノ、GL児童ポルノを読んだところで児童に対する性犯罪は起きないことになりそうだが、あれとこれとは別なのかね

    あと、心理学の方では状況次第では暴力描写に影響を受けて暴力行為を働くと書いてあったんだが、それも間違いということになるのか

    • by Anonymous Coward

      あと、自殺の報道がよく問題視されるけど関係(類似性とか)があるのかどうか。

      • https://www.jspn.or.jp/journal/journal/pdf/2010/06/journal112_06_p543.pdf [jspn.or.jp]
         

        自殺手段の影響は群発自殺に現れる.2005年度の我々の調査では,例年と異なり,練炭による一酸化炭素中毒死を含む「ガス」による自殺が縊死の次に多かった.ネットで仲間を誘い練炭を使用しての集団自殺がメディアで報じられるようになったのは2002年の頃である.2003年から2005年にかけてガスによる自殺が急増した.若者は影響を受けやすく群発自殺の危険性も高いため,自殺予防のためにも自殺手段や自殺状況の報道には注意を要する.

        「自殺の手段」に表れるという調査はあるようだけど、「自殺そのものの発生数」と結びつくエビデンスはどうだろうね。

        あと、これは非常に具体的な手段が広報されたケースであり、漠然とした「暴力描写」とか「性犯罪描写」との比較は難しそう。

        親コメント

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

処理中...