パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

アビガン錠、エボラ出血熱治療薬として年明けにも国際的に承認される可能性」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    「年明けにもエボラ出血熱治療薬として国際的に承認されない可能性がある」の間違い?
    治験も始まってないのに。

    • by Anonymous Coward on 2014年11月15日 16時12分 (#2711667)

      承認されなければ株価暴落だけど、そこまで馬鹿なの?

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        失敗しても成功しても、需要がそもそも極端に少ないので企業利益には貢献しない。

        だから業績には影響を与えず、株価への長期的な影響はない。
        物を知らずにニュースに踊らされるニワカや、それを伺うデイトレーダーが騒いで、短期的に荒れる程度。

        エボラ出血熱は、今回は大規模な流行になったが、大体平均して数年に1度、1000名以下の規模で流行るくらい。
        もし、効果的な治療薬がでてくれば、そんな1000名規模の流行さえ起きなくなるかもしれない。

        エボラ用の治療薬やワクチンを研究しているのが、国の研究所やベンチャーが国から補助を受けつつやっているようなところばかりで、
        大手製薬会社が全部スルーしているのはそのため。

        アビガンは、儲かりそうなインフルエンザ治療薬として開発を進めていた物が、たまたまエボラにも効果があったという話で、
        エボラ用に狙って開発していたわけではない。

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

処理中...