パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

アビガン錠、エボラ出血熱治療薬として年明けにも国際的に承認される可能性」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2014年11月15日 17時13分 (#2711685)

    エボラ出血熱による世界的危機は、現在進行形で高まっているハザードなわけで
    これまで対処なしであったことを考えると、光明や対策への筋道が見えてきたという事でしょうか。

    アビカンは錠剤であり、安価に大量生産・長期保存が可能、対処も飲むだけというのは
    特にエボラ出血熱が猛威を振るっているアフリカなど発展途上・貧困国で極めて有効です。

    • by Anonymous Coward on 2014年11月15日 19時34分 (#2711734)

       先進国でも極めて有効ですよ。
      エボラ出血熱は、注射の際に出てくる血液もリスク要素なので、そのリスク要素が出てこないというのは、パンデミック防止にきわめて有効です。
      さらに、一回で数日分を処方できるので、要監視対象者の外出機会を減らすのにも有効ですし。

      親コメント

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

処理中...