パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ロボットに向いていそうで向いていない作業:超高層ビルの窓ガラス清掃」記事へのコメント

  • ルンバに任せられるのは平らな床の中央のみで、部屋の四隅や机の脚の周りとかだと
    うまく掃除できないんじゃないかな。

    まして窓ガラスだと四隅が汚れてるだけで評価は下がるだろうし、
    だからルンバ的ロボットの導入は難しいという話だと思う。

    • 他のコメントにもあるけど、ルンバの本体形状は円形ですが、そこからはみ出る形で回転ブラシがあるので、四隅なんかはちゃんとゴミを掻き出してくれます。机の脚の周りも全然問題なし。

      ルンバが弱いのは、

      ・乗り越えられるかどうか微妙な段差
       階段とかいったレベルの十分な高さがある段差だとセンサーが検出できますが、
       微妙な段差だとセンサーにひっかからず、乗り上げて身動きがとれなくなります。
       →標準添付品の「バーチャルウォール」(赤外線による仮想の壁)を使うのが基本ですが、適当な箱を置いて確実に乗り越えないようにしたりもします。

      ・ルンバが入れるぎりぎりの幅の小道
       机とか棚とかがあってもそれだけなら問題ないのですが、その隙間にルンバが入れるぎりぎりぐらいの幅の隙間があると、その中に突き進んだあと、Uターンできずに立ち往生することがあります。(感覚的には、1.2ルンバより狭いとやばそう)
      →幅の狭い部分は、立ち入られないよう、箱を置いて通せんぼしてます。

      ・床に置かれたコード類
       電源コードとかは上述の回転ブラシに絡んでルンバが身動き取れなくなることがあったりします。
       大惨事にならないよう、回転ブラシそのものがちょっと弱く(折れやすく)してるらしいんですが、そうなったら交換で高くつく。
       (最近のルンバはそれを検出してブラシを逆回転してくれるらしい。ちょっとうらやましい)
      →コード類は床を通さず、高さを持たせて空中配線させてます。

      ・ぶつけられたら困るもの
       壁面センサーは、赤外線と物理スイッチの二段構えで、赤外線に反応があると速度を落とし、物理スイッチで接触判定して壁沿いに進む、という動作なんですが、
      赤外線がうまく検出できるとはかぎらず、壁にごつんごつんとぶつかることもよくあります。箱とかならいいんですが、本を平積みにしてると、ボロボロになってしまいました。
      →本の平積みはやめましょう。

      ってな感じですかね。

      以上の注意点に留意した、「ルンバが掃除しやすい部屋のレイアウト」にすれば、ルンバだけで家の掃除を任せることも十分に可能でしょう。
      (実際、うちでは、普通の掃除機の出番は、食器とかを落として割った時と、ゴキブリが出たときぐらいだけです。普段はルンバにまかせっきり。)

      ロボットの最大のメリットは、人手では無理なぐらいの「高頻度に掃除する」ことができる点にあると思います。
      そういう点で、「ロボット掃除を前提にしたビルの窓設計」は十分にアリだと思うなぁ。
      ロボット掃除機に100%まかせる必要もなく、省力化できるだけでもだいぶ違うと思うし。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      あれ小さい回転ブラシが円周付近についてて、隅とか足の周りのゴミをそれで掻き出して吸い込むので、うまく掃除できないわけではなかった。
      買ってみてわかったことだけど。

    • by Anonymous Coward

      ルンバじゃないけど、類似品のロボット掃除機の場合、掃き出し窓(サッシ)にはまって助けを求めることが多かったです。

      一番の敵は毛が長いカーペット。
      それと、小物が床に落ちていると巻き込むので散らかった部屋はダメ。
      そのため、ロボット掃除機で掃除をするために、スムーズに移動できるよう、こまめに部屋を片付けるようになりましたよ。

      カーペットを乗り越えられるか、あるいは自動的に避ける、落ちている小物は吸い込まずに退かすか別の部分に回収するような機能が付けば完璧だと思います。
      数年後までにはカメラ搭載して画像認識しながら掃除するようになるんじゃないかと予想してます。

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...