パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

BackblazeがHDD故障の予測に使う5つのSMART情報」記事へのコメント

  • 経験則 (スコア:4, 参考になる)

    Western Digitalと東芝のHDDでC4,C5,C6は故障予測と言うよりは
    値が0以外になっていたら既に故障している事が多かった。
    データサルベージ中にHDDが無応答になり、その影響で
    当該ディスクがSATA接続の場合、システムディスクで無い場合においてもWindowsがフリーズしてしまうという現象
    になることが多かったのでサルベージは専用PCで行い、フリーズが頻発するようならSATA-USB変換機を間に入れて試す。
    • Re: (スコア:4, 参考になる)

      by Anonymous Coward

      C4,C5(=197),C6(=198)は大抵いわゆる不良セクタが発生しているので故障ですね。
      代替処理が完了していないだけで、ほっとくとすぐ05が出るか、
      場所によってはそのままアクセス不能(「フォーマットされていません」と言われたり)になると思います。
      これはどこのHDDでも同じです。
      ちょくちょく不良セクタはローレベルフォーマットで消えるという話をされますが、経験上すぐ別の箇所に出ます。
      ひどいときはHDD Tuneのようなソフトでフルセクタスキャンをかけると、一定間隔で発生してます。

      程度にもよりますがSATA-USB変換機を間に入れてもエクスプローラが応答しなくな

      • by BIWYFI (11941) on 2014年11月16日 20時47分 (#2712054) 日記

        真のローレベルフォーマットは、工場内でしか出来ない。(専用の計測器が必須の為)

        通称「ローレベルフォーマット」と呼ばれているのは、単に今までの不良情報を消すだけだから、再発して当然。

        意外に使えるのは、全データを別HDDに読み出して、フルスキャン後に再度書き込む技。
        書いた時点と読み込む時点では微妙にメディアの状態が違うから、最近書いたデータほど読み出せる確率が高い。
        代替セクタが出たら、ローレベルじゃないフォーマット(クイックでも無い方)を掛ける(当然データが消えるから事前にバックアップが必須)と吉。

        ファイルシステムのメタファイル内に不良セクタが出たら、大抵のシステムはアクセス不能になるね。
        メタファイルが何処に有るかは状況次第だし、ファイルデータを抱えたメタファイルは更新されない事が多いんで、(物理的)書き込み時期が古いままだったりするし。

        --
        -- Buy It When You Found It --
        親コメント

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

処理中...