パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

法務省:コンピュータウィルス作成罪新設へ」記事へのコメント

  • by NotEnough (9948) on 2003年03月04日 19時33分 (#272534)
    「破壊行為をしなければ良いんだな」
    から
    「作成しなければ良いんだな」
    になったわけでしょうか。
    では「作成」の定義は?

    アルゴリズムや、動作原理を思い付いたらどうですか?
    設計書を書いたら立件ですかね。
    あるいは、ウイルスが不具合で動かなくても立件?

    まぁ、そのあたりの線引きをハッキリと盛りこんだ法律になるんでしょうが。
    --
    Just a whisper. I hear it in my ghost.
    • by KAMUI (3084) on 2003年03月04日 19時37分 (#272537) 日記
      てのは理解の範疇に無い様ですね>法務省
      親コメント
    • 正確に言えば作って、明るみになったときだ。
      常識的に考えればわかるだろうに。
      不具合が有ろうと無かろうと、同じでしょ。
      • by NotEnough (9948) on 2003年03月04日 20時10分 (#272581)
        そうですね。
        ではその「動くものを作る」の定義なのですが...

        作成した結果、不具合があって「ウイルスとして動かなければ」作成未遂罪ですね。

        「ウイルスとして動くもの」が第三者に見える状態は動いてなくても作成行為そのもの。

        設計書やアルゴリズムは破壊行為を働く実体がないから作成には問われない。
        でよろしいですか。

        コンパイルしないと動かないソースコードの公開は「動くものを作った」に相当しますかね。実際に実行モジュールが無くても。
        ...なるような気はするね。
        これ(ソース)をこうやれば(コンパイルすれば)動くという
        犯罪教唆ですかね。
        教唆というか、ウイルスのソースは成果物(実体)か?

        脆弱性の示唆や、原理の公開はさすがに問われないよね。
        成果物(実体)がないし。
        --
        Just a whisper. I hear it in my ghost.
        親コメント
        • 気のきいたことをいったつもりなんだろうけど、考えがあさすぎるねぇ。
          このくらいのものに線を引けない法律なんて無いも同然。

          > 作成した結果、不具合があって「ウイルスとして動かなければ」作成未遂罪ですね。

          作成したんだから作成未遂じゃないでしょ。

          > 「ウイルスとして動くもの」が第三者に見える状態は動いてなくても作成行為そのもの。

          作成したん
          • by Anonymous Coward on 2003年03月04日 22時55分 (#272709)
            > > 設計書やアルゴリズムは破壊行為を働く実体がないから作成には問われない。
            >
            > これは教唆でしょ。
            これじゃぁ、うかうか脆弱性のチェック・報告なんてできないですねぇ。「誰もばらさなかったら害は無かったんだから、ばらした奴が悪い」という“臭いものには蓋をしろ”体質にならないか心配です。
            親コメント
          • いや、別に気の効いた云々とか(反論や論破)では無いんですが...
            どうも文面や理解が稚拙で誤解を招くのは御容赦です。

            >> 作成した結果、不具合があって「ウイルスとして動かなければ」作成未遂罪ですね。
            >
            >作成したんだから作成未遂じゃないでしょ。
            毒を作ったつもりが毒にも薬にもならなかった場合は
            「毒を作ろうとした行為」「毒にならなかった成果物」が問われるということですね。

            >> 「ウイルスとして動くもの」が第三者に見える状態は動いてなくても作成行為そのもの。
            >
            >作成したんだから、当たり前でしょ。
            すみません、同意をもとめたつもりでしたが、反証や例外のように見えましたね。

            >> 設計書やアルゴリズムは破壊行為を働く実体がないから作成には問われない。
            >
            >これは教唆でしょ

            ここで言う教唆は犯罪行為でしょうか。

            脆弱性の示唆や公開がこれにあたるかどうかが気になりますね。
            このAというコンポーネントのパラメータBにはバッファ
            オーバフローのチェックがなされていない。
            だから、AのBをCのような行為をするとあぶない。

            最後の「Cのような行為」の具体性が問われるのですよね。
            Cのような行為が「メッセージを出す」のような実害が無い
            場合は教唆にはならないが、そこを「ファイル消す」に
            変えただけで動くような(浅はかな)実証サイト(コード)は
            ヤバイくないのか(教唆にあたらないのか)

            割とありそうな気がしたので。
            --
            Just a whisper. I hear it in my ghost.
            親コメント
        • プログラマは細かいことが気になってくるかもしれないが、
          ウィルスを爆弾に置き換えてみればわかりやすいと思う。

          爆弾の設計図は公開しても罪にはならないよね?なるのかな?
          ウィルスの手法やアルゴリズム自体はそれに準じるのが整合性が有るとおもう。

          あと、ソースコードを新聞記事では設計図みたいな言い方をするときがあるが、
          ここでは、そうではなないよね。
          ソースコード
      • >常識的に考えればわかるだろうに。

        やれやれ、ここにも自分の常識を世間の常識と勘違いしている奴が居る。
    • タレコミに思いっきり
        計画が未遂に終った場合や、作成したりネットワークに流しただけ場合だけでも犯罪とすることができ、捜査機関が捜査に必要な場合、ISPに対し「通信記録を消去しないよう」要求できる権限などが盛り込まれる模様
      とありますが?

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

処理中...