パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

金融系ではなぜCOBOLが使われるのか」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    帳票作成時のレイアウトのしやすさなんてのもCOBOLのメリットとして
    上がってたよ〜(1980〜1990年頃の話)。

    また、膨大な量の入出力(出力は紙への印字)を短時間で行うには
    チャネル回りが充実してたメインフレームの独壇場であり、そこで
    動作する言語はCOBOLが最もメジャーだったという経緯もあり。
    この辺は今もそうなんじゃないかな。

    • 帳票というか、入出力周りまで言語仕様に含んでいる、というのが COBOL の特徴にあるかと思います。
      MS-DOS の頃、メニュー式のランチャーアプリなどが NEC MS-DOS や HDD メーカー提供のユーティリティなどによく付いていましたが、そういった感じのメニュー画面なんかはかなり簡単に記述できます。

      富士通の PowerCOBOL なんかは Windows 用のウィンドウアプリを COBOL だけで書けて最初は「気持ちわりー!」と思ったのですが、この辺りを踏まえて考えてみると、実は正当進化なのではないかという気もします。

      親コメント

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

処理中...