パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

JR東日本205系・南武線120両、インドネシアへ譲渡へ」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    廃棄にコストのかかるゴミを馬鹿な後進国をだまくらかして押し付けてるっていうのならいいんだが、
    価値のあるものをタダでよそにやってしまってるんだとしたら、株主にどう説明するんだろうか。

    • by Anonymous Coward
      ジャカルタの首都圏鉄道は、円借款によるODAで整備されてきた経緯があって、設備・施設からシステムまで大半が日本式のものが導入されています。
      なので、永く使い続けてもらうことは巡り巡って日本企業の利益にもなるのです。
      タダ同然の廃車を提供するぐらいならむしろ安くて効率のよい投資ではないでしょうか。
      • by Anonymous Coward

        この件は有償譲渡のようだから適切な値段でのことなら問題ないと思うが、

        > 巡り巡って日本企業の利益
        JR東の株主に必要なのはJR東の利益。
        他の日本企業の利益なんてどうでもいい。

        • by ma29nn (35245) on 2015年04月25日 13時47分 (#2804074)

          CSR活動ってご存じないのかしら?
          公益法人として、利潤の追求だけでなく社会のためになる活動を行う。
          これは社会の一員としてどの企業も(ブラックでなければ)行っているものです。

          http://www.jreast.co.jp/eco/ [jreast.co.jp]

          JRの場合、環境にやさしい車両の導入が活動方針にあるので、車両の入れ替え自体がCSR活動の一環になっています。
          そして、最新ではない、けれども世界水準で見たら十分環境にやさしい車両を世界に展開することは、ひいては地球環境のためになる活動です。
          また、社会貢献として世界の鉄道の発展も掲げています。

          当然これらは株主総会で認められている活動です。
          これでも株主無視って主張するのですか?

          親コメント

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...