パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ソフトバンク、ヤマダ電機の第4位株主に」記事へのコメント

  • 一時はスケールメリットを最大に活かして、家電メーカから安く商品を買い叩き、価格破壊の主役だったよね。いまや通販のためのショールームだから、そのうち店内に入るのに入場料をとるんじゃないのかな。
    冗談はさておき、関東のヤマダ電機は、「電気製品売ってるんじゃなくて、喧嘩を売ってる」とかよく見たけど、関西では接客はそんなひどくないし、家電以外にも、電動バイクとか、生活雑貨とか、リフォームとか、3Dプリンタとか、いろいろ手は打とうとしているけど、どれもあまりうまく行ってない感じ。例えるとユニクロが野菜売ろうとしていた時代がずっと続いているような。
    まぁ、あれこれやるより本業の家電販売で、おなじヤマダ電機なのに、店頭より通販の方が安いみたいなちぐはぐなことは改めて、店頭でも通販でも同価で、ポイント込みでAmazonよりガソリン代だけ安い、ぐらいにしないと地方はしらないけど都市部では浮上できないような気がしないでもない。

    • by Anonymous Coward on 2015年05月11日 17時23分 (#2812387)

      「価格破壊」が売り物でしたから、競合店にも同じ売り物が出回るようになった時点で成長が止まり、場合によっては顧客を取り返されることになります。既に数年前からそういう状態なのに、体制を変えていなかったのが敗因かと。

      なんのかんの言っても通販の売り方と実店舗の売り方は異なりますから、多少の窮屈さはあっても共存は可能と思われますが、家電量販店同士が競合すると厳しいでしょうね。

      ヨドバシカメラなんかは今でも好調ですよ、ここの売りは価格より、物を手にするまでの速度じゃないかと思います。会社の帰り道に駅前で実物を触って比較して持ち帰ることができる。店員の当たり外れはあると思いますが、自分でWebで情報を集めるより、要件を言って候補を教えて貰って実物を前に選ぶと速い速い。

      親コメント

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

処理中...