パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

他人の不幸を喜ぶ感情、2歳児にも備わっている」記事へのコメント

  • っと思ったけど、2歳児ってもう赤ん坊ではないよな。
    言葉も出だしてる頃だと思うし、そりゃ嫉妬心も優越感も出てきておかしくないでしょ。あいつらはもう天真爛漫な小悪魔だよ。

    「他人の不幸は蜜の味」を感じるかどうかは、そういう感情の有無以外に、状況の理解度とかが絡み合ってくるので、他人の不幸を見て反応がなくても「生まれたての赤ん坊に『他人の不幸は蜜の味』という感情はない」とはいえない。
    より小さな乳幼児で実験するには、「他人の不幸」を相当うまく演出しないと、感情の有無を確実に確かめるのは難しそう。

    • by Anonymous Coward

      > 2歳児ってもう赤ん坊ではないよな。
        
      そう思います。
      2歳児はイヤイヤ期まっただ中ですね。
        
      それに、今回の実験だと、自分が仲間はずれにされているという状況だから、
      純粋な「他人の不幸」とは言えないかもしれない。
        
      それに、むしろコップの水をこぼす遊びが楽しそうと思ってるかもしれないし。

      • by Anonymous Coward on 2015年05月16日 12時06分 (#2815349)

        いや、メシウマがそもそも『純粋な「他人の不幸」』ではなく、不平等とセットになった感情であるという話でしょう。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          不平等とセットになった感情というなら、
          そもそも「他人の不幸」を喜んでいるのではなくて、
          自分の番(公平に扱われるチャンス)が早く来る事を想像して、
          喜んでいる可能性もあるんじゃないでしょうか。
          それならメシウマとは違う感情ですよね。

          • by Anonymous Coward

            目の前の欲望を我慢すれば、後で報酬を得られるというシステムの完全理解は、
            2歳児にはほとんど見られないので、その可能性はごく低いと思う。

            それに、母親が不幸なことになったら、なぜ自分の番になると想像するの?よくわからない。

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

処理中...