パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

最高裁がプロダクト・バイ・プロセス・クレーム特許について初判断」記事へのコメント

  • 同じ論理・法解釈の裏返した表現であって、違いは今回審議の対象になっている物質が出願時に物性や化学式等を特定可能だったか否か
    (高裁は是、最高裁は否)ということで解釈あってるでしょうか。

    ところで物性が明らかでないものを、特許申請って出来るの?利点も解決する問題点も述べられないのでは?

    • by Anonymous Coward

      違います。
      知財高裁はクレーム解釈で何とかしようとしましたが、最高裁はそれを否定して特許要件で何とかしようってことです。
      今後はPBPクレームはほとんど特許にならない方向に向かうでしょうね。

      • by Anonymous Coward

        ん~、つまり最高裁は「この特許自体無効ということで裁きなおせ」と高裁に差し戻したって事?

        この裁判の焦点になっているプラバスタチンナトリウムという物質は、特許申請時点で既に広く知られている化学物質だっ
        と言うことだから、最高裁が述べたPBPクレーム特許要件であるところの

        出願時において当該物をその構造又は特性により直接特定することが不可能であるか,
        又はおよそ実際的でないという事情が存在するときに限られる

        というのは明らかに当てはまらないと思うんだけど。

        でもPBPクレーム特許ではないとしても、製法特許ではある(だろう)わけで、特許自体を無効にするのは暴力的かとも思う。

        • by Anonymous Coward

          ん~、つまり最高裁は「この特許自体無効ということで裁きなおせ」と高裁に差し戻したって事?

          最高裁としては、特許の内容を読んでもわからないので、こういう観点で特許の内容を読み直せと高裁に差し戻したということです。

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...