パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

鬼怒川の洪水、原因の一つは太陽光発電施設。」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    昔からはん濫はあったんでしょうね。
    地名がその名残
    そういう大はん濫が何度も起こっていることを無視して、
    「想定外」で言い逃ればかりだな

    • by Anonymous Coward on 2015年09月12日 16時37分 (#2881192)

      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AC%BC%E6%80%92%E5%B7%9D [wikipedia.org]

      名称は、当初は毛野地域(栃木県・群馬県域の古地名)を流れる川として「毛野河」や「毛野川」と記されたが、のち古代・中世から江戸時代までは穏やかな流れを意味する「衣川」や「絹川」の字があてられ、さらに近代になって「鬼怒川」の文字があてられるようになった[4][5]。

      現在に見る「鬼怒川」という表記は、江戸時代の史料(寺田家文書)に「新鬼怒川堀割、寛永元甲子年也」として見えるほか[4]、明治から『古事類苑』など諸文献に見られる。「鬼怒川」の表記は、暴れ川である「鬼が怒る川」から「鬼怒川」となった、などと云われるが、「鬼怒」は明治期以降の当て字である。古代以来、「きぬがわ」には、好天時の穏やかで絹・衣の様な流れを表すであろう「絹川」あるいは「衣川」の漢字が当てられて来たが、「きぬ」という音については紀伊国の国造家を起源とすると云われる豊城入彦命やこの地方の豪族・紀清両党の紀氏に因む「紀の川」の転訛説がある[2][5][13][14][15]。

      親コメント

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

処理中...