パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

鬼怒川の洪水、原因の一つは太陽光発電施設。」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    堤防削ったとかそういうのは個々の設置場所の問題だからまだマシ

    もうちょっと根本的な問題として、太陽光パネルは光さえあれば発電してしまうんだよ
    その先に電力供給先や蓄電池がなくてもな

    大型の太陽電池パネルであれば数百Vの電圧を発生させることもあり得る
    特に台風が過ぎた今日なんか東京の日差しは結構凄かったから、発電力も馬鹿にならない筈だ

    さて、水害でまだ足元に水が残ってたりするような状況で、台風の被害で外れたり壊れたりした太陽光パネルがそこら辺に転がってたらどうなるか
    外れて流された太陽光パネルのちぎれたケーブルが足元の水たまりに使っていたらどうなるか

    少し知識がある人ならすぐに危険性は理解できると思うのだが

    漏電の危険等があっても、発電モジュールが発電することをストップすることができない太陽光発電の危険性について、もうちょっと考えたほうがいいと思うよ

    • by I-say (18650) on 2015年09月14日 15時01分 (#2882261)

      なるほどやべーなって思ったけど、今回の台風で感電死騒ぎは起きなかったっぽいし対策されてるんじゃ

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        結論としては、なんの危険も無いと言う事です

        ほら、アレな人の言う事だからさ

        • by Anonymous Coward

          なんの危険もないなら#2883381の言う
          「感電の話が重要なのは今回の件でも経産省も各県も認識してて告知している」
          と矛盾するわけですが。

          # めんどくさいのでその告知を探したりはしていないが。

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...