パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

加工肉や赤身肉に発がん性?」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2015年10月28日 13時03分 (#2907905)

    自明の理
    添加物や加熱によって手を加えるほど発がん性リスクは増えるのは当然でしょうね

    わからないのは、比較対象が排ガスやら除草剤という部分ですけどね

    • 加工肉の添加物に関しては、果たして現在使用されている添加物にも問題はあるのだろうか?過去の規制が緩かった時代に使用されていた添加物によって、発がん性が上昇してきたのかも知れない。

      それに昔の加工肉って、いわゆるクズ肉を使用したのが多かったので、含まれていた毒素などが発がん性に寄与していたとも考えられる。

      というわけで、もっと調査が必要な研究ですね。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        長年調査した結果がエビデンスでして。
        で、調査が古すぎんだろという突っ込みも入ってます。

        現状と違うものを、長く調査すれば良いと言うわけでもないですね。

    • by Anonymous Coward

      加工していない肉だって農薬とか動医薬の問題はあるわけで。

      難しいですね。

    • by Anonymous Coward

      肝臓「せやせや」
      サバ「生は旨いんやで」
      ウメ「まさに天にも上る旨さや」

    • by Anonymous Coward

      なんで当然なんだ…?
      コレが常識の壁なのか

      • by Anonymous Coward

        煮る焼くだけでも発がん性のリスクは高まりますよ
        塩をかけたり醤油につけるだけでも同様です
        加工すればするほど、何らかの発がん性リスクが増加するのです

        しかし、なんらかの加工(調理)しなければ美味しく頂けませんよね
        現代の食品は何かしらリスクは付き物です
        そのトレードオフを考えて食品を摂取した方がよいという事じゃないでしょうか?

        • リスクが増えることは多いとは思うけど*自明*,*当然*とまでいえないのでは。

          添加物の方が元の肉より発がん性リスクが少なければ添加後の製品の方が発がん性リスクが減るだろうし。

          過熱によって失われる成分や過熱しないことで死滅しない細菌等に発ガン性があれば発がん性リスクは減るだろう。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          タイトルはあまりに短絡だし、本文もあまりに単純化しすぎていてあたまわるい、ってツッコミでしょうよ。
          加熱による発がん性増加というのは単純な比例関係なわけじゃないのだから、「自明の理」はあまりに言い過ぎ。
          あるいは発がん性以外のリスクにも目を向けるならばタイトルの「加工するほどリスクが増える」は誤りと断じることすらできる。
          ましてや「添加物」といっぺんにまとめてるけど、あらゆる添加物が一意に発がん性リスクを高めるとでも言うのかと。

      • by Anonymous Coward

        持つ知識が少ないほど、疑問も持たなくなるというのは当然でしょうね

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

処理中...