パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

加工肉や赤身肉に発がん性?」記事へのコメント

  • 自明の理
    添加物や加熱によって手を加えるほど発がん性リスクは増えるのは当然でしょうね

    わからないのは、比較対象が排ガスやら除草剤という部分ですけどね

    • by Anonymous Coward

      なんで当然なんだ…?
      コレが常識の壁なのか

      • by Anonymous Coward on 2015年10月29日 1時55分 (#2908332)

        煮る焼くだけでも発がん性のリスクは高まりますよ
        塩をかけたり醤油につけるだけでも同様です
        加工すればするほど、何らかの発がん性リスクが増加するのです

        しかし、なんらかの加工(調理)しなければ美味しく頂けませんよね
        現代の食品は何かしらリスクは付き物です
        そのトレードオフを考えて食品を摂取した方がよいという事じゃないでしょうか?

        親コメント
        • リスクが増えることは多いとは思うけど*自明*,*当然*とまでいえないのでは。

          添加物の方が元の肉より発がん性リスクが少なければ添加後の製品の方が発がん性リスクが減るだろうし。

          過熱によって失われる成分や過熱しないことで死滅しない細菌等に発ガン性があれば発がん性リスクは減るだろう。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          タイトルはあまりに短絡だし、本文もあまりに単純化しすぎていてあたまわるい、ってツッコミでしょうよ。
          加熱による発がん性増加というのは単純な比例関係なわけじゃないのだから、「自明の理」はあまりに言い過ぎ。
          あるいは発がん性以外のリスクにも目を向けるならばタイトルの「加工するほどリスクが増える」は誤りと断じることすらできる。
          ましてや「添加物」といっぺんにまとめてるけど、あらゆる添加物が一意に発がん性リスクを高めるとでも言うのかと。

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...