パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

国立がん研究センター、赤身肉によるガン「日本人は影響小さい」」記事へのコメント

  • (赤肉が)少なすぎると脳卒中(特に、出血性)のリスクを高めることが分かっています。日本においては心筋梗塞より脳卒中の罹患率の方が高いことから、総合的にみても、今回の評価を受けて極端に量を制限する必要性はないと言えるでしょう。

    ここも重要です。
    日本人は脳卒中の罹患率が高いですから、極端な赤み肉の制限は問題があるようです。

    • by Anonymous Coward

      明治維新前まで、日本人は赤身肉はめったに口にしなかったはずだが、
      その頃の脳卒中率は多かっただろうか。

      • by Anonymous Coward

         江戸時代はジビエや牛は当たり前に食べてましたよ、
        紅葉とか牡丹とか薬食いと言い換えてね。
        鳥や鯨(イルカ)は四足じゃないから、大っぴらに食べてましたし。
        ちなみに、焼鳥は小鳥の小さい肉を効率的に食べるために考案された料理法です。

        • by Anonymous Coward

          現代の我々が「当たり前に食べる」ような感じではなかったはずだけど。
          海外の大規模農場での畜産に頼ってる現代ほどじゃない。
          一般人はごくまれにしか口にしなかったはず。

          江戸時代の日本人の平均身長を調べればわかる。蛋白不足だったんだよ。
          一見ジビエが多そうな長野で昆虫食があったりするのはそういうことじゃないのか。

          # 昭和20年台に育ったウチの親ですら肉なんか盆暮れ正月くらいしか食べられなかったんだから。
          # ど田舎だけどイノシシやシカなんか昔はほとんどいなかったそうだぞ。すぐに獲られて食われるから。

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

処理中...