パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

「世界最古」と称する金属活字から自然界にほとんど存在しない「テクネチウム」が発見される」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    途中まで読んで、
    つまりこれはオーパーt…
    >(活字が)偽造されたものである可能性が高い
    アッハイ普通そうですよねそう考えますよねはははは

    • Re: (スコア:2, 興味深い)

      by Anonymous Coward

      2.63ppmなら「なんだ捏造か」で済むんだけど
      2.63%となると「いや捏造にしても製造元どこよ?」っなるんじゃね。

      • by Anonymous Coward

        ppmの単位でも本物のテクネチウムなら、核分裂生成物由来の放射性物質です。後世の贋作であっても、本物のテクネチウムが含まれているなら、そこに混入した経緯は真剣に調べる必要があるでしょう。(極秘の核燃料再処理事業とか、一次冷却水だだ漏れの原子炉とか)

        しかし、含まれている元素として「真ちゅう6.66%」なんてあって、元素という概念すら怪しい人が、作った偽の分析報告書じゃないかと考えられます。20世紀の人工元素が含有されているから贋作だと主張したいがために、半端な知識ででっち上げたのでしょう。

        銅銭の鋳造技術を転用した金属活字というのはあったようですから、問題の金属活字の真贋はなんとも言えませんが、全体としてみれば下らない話だと思います。

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

処理中...