パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

一部国産ディーゼル車の排ガス、実走行では基準を大幅に超えるNOxを排出していた」記事へのコメント

  • ルノー=日産のM9R(圧縮比15.6)、三菱の4N14(圧縮比14.9)、トヨタの1GD-FTV(圧縮比15.6)、この辺全部そうですね。マツダのやつは低圧縮比以外にもNOxを減らす鍵があるんでしょうな。

    • by Anonymous Coward

      クリーンディーゼルエンジン Mazda SKYACTIV-D の開発 [nedo.go.jp]
      を見る限りは直接の鍵は多量EGR、間接的にはその状態で安定燃焼させるエンジン構造・制御ですかね

      まぁ当事者たちはわかってるからトヨタとマツダが環境・安全技術で提携拡大 [toyokeizai.net]
      のような動きがあり、

      同日、決算会見を開いた日産自動車のカルロス・ゴー

      • by Anonymous Coward

        あれだけ苦労してハーバー・ボッシュ法を編み出したのに、燃焼温度が高すぎて、ってのは皮肉な話だ。

    • by Anonymous Coward

      ザックリ言うとEGRのおかげで、ディーゼルなのに理論空燃比にして三元触媒が使えるってことでしょ。別の言葉で言うと、NOx吸蔵還元触媒はそもそも無理があったってことだと思う。いや、このまま投資していけば、いつかは三元触媒に追いつくかもしれないけど、そんな未来は実現しそうにない。

      • by Anonymous Coward

        ザックリ言うとEGRのおかげで、ディーゼルなのに理論空燃比にして三元触媒が使えるってことでしょ。

        えっ、SKYACTIVE-Dって三元触媒使ってるの?

        ボクはてっきり、SKYACTIVE-Dは後処理が面倒臭いNOxを少なくして後処理しやすいDPMを大量に発生させる様に振ったんだと思ってた。そのために圧縮比や燃焼温度を下げたんじゃなかったのかな?

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

処理中...