パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

一部国産ディーゼル車の排ガス、実走行では基準を大幅に超えるNOxを排出していた」記事へのコメント

  • > 外気が低温である場合などにエンジンを保護するためにNOxの排出を軽減するための装置の運転をやめていた

    低温時にNOx低減装置を使うとどういうわけでエンジンが痛むのか、詳しい方教えてつかあさい。

    • Webから雑に情報拾ってきた範囲でまとめると、
      空気中には窒素(N2)が8割、酸素(O2)2割あるけど普通の環境じゃ反応しない。けどこれがエンジン内の高温環境では反応して窒素酸化物(NOx)が生成してしまう(大気汚染になる)。
      NOx低減装置(EGR)は排気ガス還流システム。
      NOxの生成を抑えるにはエンジンでの燃焼温度を下げればよい。そのためにO2の割合を減らして燃焼させればよくて、排ガスではO2がすでに燃焼で使われていてO2の割合が低くなっているのでこれを持ってきて燃焼に使えば燃焼温度を下げられてNOx生成を減らせるといった算段。

      【なんで外気温が低い場合などでEGRを停止させるのか?(以下は個人的な推測)】
      排ガスには軽油(炭化水素)燃焼などで発生した水分(H2O)が含まれるので、低温でEGRを使うと内部でH2Oが凝集してしまい腐食やエンジンの燃焼不良になるとかならないとか…。マツダが出してた不具合情報とか参考になるかと。【MAZDA】デミオのサービスキャンペーンについて|リコール等情報 [mazda.co.jp]
      また今回の国交省の報告だとトヨタの車種は触媒保護のためにEGR停止するとか書いてあるね。まぁいろんな理由からEGR停止させてるっぽい。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        なるほど。Thanks。

        しかしその「マツダが出してた不具合情報」が気になる。
        今回マツダの車種がお咎め無しだったのはこの
        「EGR作動領域を変更したエンジン制御プログラムに書き換えます」
        という改修が入ってない試験車だったから、というオチじゃないよなw

      • by Anonymous Coward

        マツダのSkyactiv-DのEGRは凝結しにくい様な設計に加えて凝結水を集めて処理するアスピレータが
        入っていますのでちょっと気温が下がってきたからってじゃあEGR停めましょうとはなっていない訳です。

        ちなみに参考にあげられているサービスキャンペーン情報はSkyactiv-Dとは平成24年のものですので
        特に関係はありません。

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

処理中...